ANTOR-JAPANの欧州最新記事とアーカイブです。


by goeurope
f0184241_19515071.gif

 去る7月23日にスイスのグレーシャー・エクスプレス、通称「氷河特急」で起きた脱線転覆事故に、ANAセールス、JTBワールドバケーションズ、阪急交通社のパッケージツアーで旅行中の日本人が巻き込まれ、1名が死亡、多数の負傷者が出た。
 事故はサンモリッツ寄りのラクスとフィーシュ間の橋の近くで発生した。氷河特急の後部3両が脱線し、そのうち後ろから2両が転覆した。氷河特急の後尾2両はパノラマ車両で、日本の旅行会社がパッケージで利用する場合が多いという。
 死亡した女性の旅行者は、夫婦でANAセールスの主催ツアーを申し込んで旅行中だった。ANAセールスは浅川社長以下役員が記者会見し、全員で謝罪するとともに、当面、氷河特急を組み込んだツアーの設定は見合わせることを表明した。
 同社主催のパッケージツアーということで、亡くなった方とその遺族、負傷した方とその家族をケアすることは当然としても、24日の段階で、ANAセールスがテレビを通じ、社会に対して頭を下げて詫びる理由は何もない。
 日本的に言うところの「世間を騒がせた」のがその理由としても、謝罪するに当たらない。この場合は、亡くなった方に謹んで哀悼の意を表することと、負傷者の一日も早い回復を祈ることと十分なケアをすることで良いと思う。
 詫びるのは事故を起こした氷河特急を運行するマーターホルン・ゴッタルド鉄道会社である。外電で鉄道会社役員が謝罪している報道があったが、文書を読んでるだけで、これが謝罪かと思う。日本でこの程度の謝罪ならマスコミに袋叩きに遭うだろう。
 それどころか、マーターホルン・ゴッタルド鉄道は、「事故原因は現在究明中だが、今後の運行において乗客の安全は確保できる」とし、事故区間を含めて氷河特急の運行を25日から再開した。
 旅行業界としては、今回の事故後もすぐに氷河特急の運行が再開されたことで、その後のツアーも催行でき、海外旅行全体に与える影響も少なくてすむと考える向きもあるかもしれない。
 しかし、日本の鉄道で脱線・転覆の死亡事故が起きれば、徹底的な安全点検作業が行われる。JR西日本の大惨事を思い返すまでもない。僅か2日ですぐに運行を再開するといのは日本ではありえないだろう。国情の違いなのか、観光優先と言うべきなのか。遺族の心情を察すると、やりきれないものが残る。
 大半の日本人は、多分そうした思いを持つのではないか。旅行会社も消費者目線から、その辺りは対応するに当たって心情をくみとった方が良いと思う。
 消費者やマスコミに迎合することは良くないが、消費者の心情をくみとることは必要と考える。自分が悪くもないのに、すぐに謝るのは社会やマスコミに迎合していることだ。例え、当事者でも、非があるから詫びるのであって、非がないのに詫びてはならない。
 ANAセールスはその後、ツアーの催行を再検討した。これは、遺族、負傷者、その家族の心情や旅行予定者のことを察してと思う。旅行会社の中には、事故区間の代替輸送手段を用意、また、氷河特急を利用するツアーキャンセルの取消料を免除したところもある。
 法的には、ツアーをそのまま催行し、キャンセルする場合は取消料も収受できるだろう。しかし、日本でこのような鉄道事故が起きたら、当該事故区間は当面運行停止となる。それを踏まえれば、旅行会社の上記の対応は、日本人の消費者目線、旅行者目線に則ったもので、迎合には当たらない。
 安全・安心な旅行提供が最大のサービスだが、逆に言えば、万一、アクシデントが起きた時に、きめ細かな対応ができる。それが、パッケージツアーの最大の強みでもある。パッケージツアーで来て良かったと、旅行者が再認識する旅行商品の提供を心掛けたい。(石原)
[PR]
# by goeurope | 2010-07-27 17:41 | スイス

最新情報

f0184241_22185673.gif

f0184241_1633343.jpg
ベルギー・フランダース政府観光局


ブルージュの5つ星ホテルで
楽しむクラシック・コンサート


ブルージュで唯一の5つ星ホテルとして知られるケンピンスキー・ホテル・デュークスパレスは、かつてのブルゴーニュ公国の宮殿があった場所に15世紀当時の建物を修復・再現し、2008年にオープンしました。

“デュークス・チャペル・コンサート”では、重要建造物に指定されている15世紀のチャペルを舞台に、ブリュッセルの王宮やアムステルダムのコンセルトヘボウ、ロンドンのウィグモアホールなどでの演奏経験を持つ演奏家が出演し、静謐な音楽の調べを楽しむことが出来ます。

【問合せ・申込み先】
ケンピンスキー・ホテル・デュークスパレス(Kempinski Hotel Dukes’ Palace)
Prinsenhof 8, 8000 Brugge
Tel: +32 50 44 78 88
Fax: +32 50 44 78 80
http://www.kempinski-bruges.com

f0184241_1410066.jpg
(c) Kempinski Hotel

[PR]
# by goeurope | 2010-03-11 14:11 | ベルギー・フランダース

最新情報

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


新装スクエア(旧パレ・デ・コングレ)に話題のレストランがオープン

ブリュッセルの芸術の丘に「スクエア」(以前のパレ・デ・コングレ)が2009年9月に新装オープンした。名前の通り、四角形の建物はエントランスを含めた建物全体にガラスがふんだんに使われ、開放感があります。

1階にオープンしたまるでギャラリーのようなレストランは、ベルギー出身のデザイナー、アルネ・カンズがデザイン。斬新でありながら居心地の良さが感じられる空間になっています。ラウンジバーと、フォワグラ、チーズなどの食材を扱うデリカテッセンコーナーも設けられ、レストラン以外での利用も可能です。

ブリュッセルの景観スポットである芸術の丘公園に面していて眺めも良く、ランチとディナーどちらもお勧め。ヨーロッパでも指折りのシェフたちが腕を振るい、欧州連合の議長国が変わると、トップシェフや料理のテーマが変わるというユニークなコンセプトも話題となっている理由の1つ。パリのキャビア専門店ラ・メゾン・ド・カスピア(La Maison de Kaspia)のキャビアをはじめ、トリュフやサーモンを使った贅沢な一皿が楽しめます。

【KWINT】
Mont des Arts 1, 1000 Bruxelles
Tel: +32 (0)2/505.95.95
info@kwintbrussels.com
www.kwintbrussels.com
営業時間:月〜水 12:00〜22:30
     木〜土 12:00〜23:30
休業日:日曜・祝日
※デリカテッセンは11:00〜閉店まで営業。
f0184241_1454180.jpg
(c) SQUARE

[PR]
# by goeurope | 2010-03-11 14:06 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル

最新情報

f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


新規オープンホテル:「レサール・ホテル・アンゲル」

リュブリャナ旧市街という観光にとって最高ロケーションにあります。中世に起源をなす大邸宅を改築しているため、伝統とモダンを融合したホテルになっています。

一流のサービス、近代的なインテリア、リラックスした親しみのわく雰囲気を持ち合わせているこのホテルには、6部屋のデラックス・スイートのあるモダン・クラッシックスタイルと、6部屋のダブル・スーペリアとクラッシックルームのあるトレンド・スタイルがあり、それぞれの部屋が個々にデザインされているため、リピーター客の人気も出そう。

リュブリャナ城直下の丘陵地斜面に500平方メートルのプライベートガーデンがあり、リュブリャナ市街と郊外を見渡す素晴らしい眺めを楽しめます。またここには、リュブリャナ城へ続く『猫の通り道』と呼ばれる小道への出入り口があります。

近くには、クリジャンケ野外ホール、プレシェーレン広場、リュブリャナ市庁舎、三本橋、オペラ、市立美術館などの多くの観光スポットや自然・文化史跡があります。

詳細は下記URLをご覧ください(英語・スロベニア語)。
http://www.angelhotel.si/index2.php

f0184241_1422985.jpg

[PR]
# by goeurope | 2010-03-11 14:03 | スロヴェニア

最新情報

f0184241_2293067.gif

f0184241_2295121.gif
スペイン政府観光局

◆モータースポーツ(MOTO GP&F1 GP)

モータースポーツの国際大会が多く開催されているスペイン。2010年は1年間で、F1グランプリが2回、バイクのMoto GPが3回も開催されます。特にゴールデンウィークには、ヘレスでのバイク、カタルーニャでのF1と両方のレースを観戦できるチャンスも!

それを逃しても、6月末から7月初めには、バレンシアとカタルーニャで両レースが行われます。モータースポーツ好きには絶好の機会ですので、お見逃しなく。なお、チケットは下記公式サイトにて販売されています(英語)。また、バレンシアにはサーキットが2箇所ありますので、ご注意下さい。

▼Moto GP=http://www.motogp.com/ja(日本語)
▼F1 GP=http://www.formula1.com(英語)

◆本場セビーヤで気軽にフラメンコレッスンを

セビーヤの旧市街中心部に位置するホテル「プラサ・サンタ・ルシア」では、宿泊客のレベルにあわせたフラメンコアカデミー(バイレ・カンテ・ギター)の紹介を行っています。また、フラメンコ座談会やフラメンコ博物館入場券、カスタネットのプレゼント付きの週末プラン(金曜からの2泊3日)も用意しています。

1日1時間(15ユーロ〜)のフラメンコレッスンの申し込みも可能です(日本人によるレッスンは要リクエスト)。個人旅行でもグループでも、ホテルに宿泊して、本場セビーヤでフラメンコを体験してみては?

【Hotel Plaza Santa Luci´a】
住所:Calle Santa Luci´a 35 41003 Sevilla
TEL:+ 34 954988930/+ 34 954275442
FAX:+ 34 954284426
URL:http://www.hotelplazasantalucia.com
E-mail:reservas@hotelplazasantalucia.com
f0184241_1401558.jpg
F1 Valencia

[PR]
# by goeurope | 2010-03-11 14:00 | スペイン

最新情報

f0184241_21213811.gif

f0184241_21221011.gif
オランダ政府観光局


2010年オランダ観光パンフレットのご紹介

オランダ政府観光局より、新しいパンフレット「オランダトラベラー2010」(A4サイズ16ページ)が発行されました。

パンフレットは無料ですが、送料はご負担頂いております。請求方法は下記からご覧ください。
http://www.holland.or.jp/nbtc/enquiry-enquiry.html
f0184241_13552934.jpg

[PR]
# by goeurope | 2010-03-11 13:55 | オランダ

最新情報

f0184241_2114299.gif

f0184241_212345.gif
オーストリア政府観光局


ウィーンのイースター市
愛らしいデコレーションや伝統の手工芸品が並びます。


イースターは、磔刑となったキリストの復活を祝う期間です。この復活祭をめぐって、様々な伝統行事や慣習があります。

例えばイースターバニーは、カラフルに色付けしたタマゴやお菓子を隠し、イースターの日曜日に子供たちが探します。家庭では、豪華なイースターエッグやバニー、子羊などを飾ります。もちろん、ウサギや子羊の形に焼かれたイースターのクッキーも欠かせません。

イースター伝統の品物や味覚は、今年3月20日から4月5日まで、シェーンブルン宮殿前のイースター市で提供されます。オーストリアや近隣諸国の手工芸品、手描きのイースターエッグ、室内やドアに飾るリース、紙・ガラス・錫などを素材とする装飾品やフィギュアなど、内容も豊富です。

歴史的な旧市街のフライウンクで開催されるウィーン伝統イースター市では毎年、ヨーロッパ最大のイースターエッグの山が出現します。このイースター市は、今年3月20日から4月5日までで、伝統の手工芸品、スナックとドリンク、子供のための手作りコーナーなどが人気を集め、イースターの雰囲気を盛り上げます。

◆ウィーン・イースターの音楽ハイライト

イースター・シーズンには、クラシック音楽祭「ウィーン・イースターの響き2010」で、最高の演奏をお楽しみください。

復活祭音楽祭「イースターの響き」は2010年3月27日から4月5日まで、楽友協会ホール、アン・デァ・ウィーン劇場、コンツェルトハウス、王宮礼拝堂など、ウィーンの最も美しい会場で、多彩なプログラムが紹介されます。

2つのオープニング・コンサートでは、楽友協会大ホールにウィーン・フィルが登場します。これは、すでに同音楽祭の伝統となっています。

【OsterKlang Wien 2010】
復活祭音楽祭「イースターの響き」(3月27日〜4月4日)
http://www.osterklang.at
f0184241_13532164.jpg

[PR]
# by goeurope | 2010-03-11 13:53 | オーストリア

最新情報

f0184241_21213811.gif

f0184241_21221011.gif
オランダ政府観光局


オランダ・チューリップ大使に假屋崎省吾さんを任命!

歴史的建造物に花をいけることをライフワークとされている華道家の假屋崎省吾さんが、昨年初めてオランダを訪問されました。

国内外を飛び回る多忙なスケジュールの中、プライベートのお休みに行かれたオランダ旅行では、朝から晩まで観光を堪能されました。

なかでも、32ヘクタールの園内にチューリップ、ヒヤシンス、水仙など700万株以上の球根花が咲き乱れ、どこを写真に撮っても絵になるという「キューケンホフ公園(Keukenhof)」では、その美しさにまさにここは天国、と感動されたそうです。

また、現地の人々の優しさに触れ成熟した大人の国を実感されたという假屋崎さんは、オランダの大ファンに。毎年オランダを訪れたいという嬉しいお言葉を頂きました。

そんな熱い想いをお伺いしたのがご縁となり、オランダ政府観光局による日本人初の「オランダ・チューリップ大使」に、假屋崎省吾さんに就任して頂くことになりました。

チューリップが満開となる4月、何百種目ものチューリップが咲き誇りヨーロッパの春の庭園と謳われるキューケンホフ公園にて、「オランダ・チューリップ大使」の就任式を執り行います。

また、キューケンホフ公園内のパビリオンを使用し、假屋崎さんの個展開催を予定しています。(4月中旬)
f0184241_19433827.jpg

[PR]
# by goeurope | 2010-03-02 19:43 | オランダ

最新情報

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


ブリュッセルでチョコレートを食べ尽くす!

バレンタインデーでチョコレートの話題が多くなるこの時期。チョコレートの国として知られるベルギーでも、新たなチョコレートスポットが続々と登場しています。

昨年秋には、ベルギーのチョコレートのすべてが体感できる「ラ・メゾン・デ・メートル・ショコラティエ」がオープン。さらに新進気鋭の若手ショコラティエ、ローラン・ジェルボーのブティック「ローラン・ジェルボー ショコラティエ」のオープンなど見所満載です。

新施設の詳細やその他のチョコレート情報は、ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルの公式ホームページで案内しています。こちらをご覧ください。
f0184241_19373872.jpg

[PR]
# by goeurope | 2010-03-02 19:37 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル

最新情報

f0184241_1561888.gif

f0184241_15391685.gif
ポーランド政府観光局


2012年サッカー欧州選手権はポーランドとウクライナで共催!

サッカーファンにはおなじみのUEFA欧州選手権。次回は2012年にポーランドとウクライナの共同開催となります。その予選組み合わせ抽選会が先日ワルシャワで開かれました。注目の組み合わせは次の通りです。

▼グループA:ドイツ、トルコ、オーストリア、ベルギー、カザフスタン、アゼルバイジャン
▼グループB:ロシア、スロヴァキア、アイルランド、マケドニア、アルメニア、アンドラ
▼グループC:イタリア、セルビア、北アイルランド、スロベニア、エストニア、フェロー諸島
▼グループD:フランス、ルーマニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ベラルーシ、アルバニア、ルクセンブルグ
▼グループE:オランダ、スウェーデン、フィンランド、ハンガリー、モルドヴァ、サンマリノ
▼グループF:クロアチア、ギリシャ、イスラエル、ラトヴィア、グルジア、マルタ
▼グループG:イングランド、スイス、ブルガリア、ウェールズ、モンテネグロ
▼グループH:ポルトガル、デンマーク、ノルウェー、キプロス、アイスランド
▼グループI:スペイン、チェコ、スコットランド、リトアニア、リヒテンシュタイン

開幕戦は2012年6月8日にワルシャワで、また閉会式は7月1日にウクライナのキエフで行われる予定です。試合はワルシャワ、グダンスク、ヴロツワフ、ポズナンの古い歴史を持つ美しい街並みで知られる4大都市で開催されます。どの都市にもワルシャワから特急があり、所要時間は3時間〜4時間、飛行機では1時間程度とアクセスも便利。

EURO2012に向けて、さっそく旅のラフプランを作ってみてはいかがでしょうか?
大会スケジュール等の詳細はこちら(英語)をご覧ください。
[PR]
# by goeurope | 2010-03-02 19:35 | ポーランド