ANTOR-JAPANの欧州最新記事とアーカイブです。


by goeurope

ベルギー・ワロン・ブリュッセル・アーカイブス

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


ブリュッセルの「ストックレ邸」が世界遺産に登録されました!

6月末に行われたユネスコの会議で、ブリュッセルにある「ストックレ邸(Palais Stoclet)」が新たにユネスコ世界遺産に登録されました。

1905年、銀行家だったアドルフ・ストックレが、その当時ウィーン派と呼ばれる芸術の流れを率いていた人の一人で、建築家のジョセフ・ホフマンに依頼して建てさせたもの。ちょうどアール・ヌーヴォーからアール・デコへの移行期であったことから、その両方を取り込んだ作りとなっているのが特徴です。

内部にも当時のアーティストたちの装飾が施され、なかでもギュスターヴ・クリムトの壁画があることで有名。

ストックレ邸がヨーロッパ建築の復活を物語り、かつ外観と家具やさまざまなオブジェを含む内部の装飾が完全な形で保存されていることから、今回、世界遺産に登録されました。
※現在内部の一般公開はしていません。
f0184241_2133793.jpg
世界遺産に登録された「ストックレ邸」

[PR]
by goeurope | 2009-08-15 18:59 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル