ANTOR-JAPANの欧州最新記事とアーカイブです。


by goeurope

オーストリア・アーカイブス

f0184241_2114299.gif

f0184241_212345.gif
オーストリア政府観光局


ウィーンで迎える大晦日と新年
市内各所で数々のイベントが開催


ウィーンは人生を謳歌する人々のメトロポリスです。このことは、新年を迎える大晦日にも明らかです。街全体に陽気なパーティー気分が広がり、ガラ・ディナー、舞踏会場、コンツェルトハウス、トレンディなバーなどで、人々が数々のイベントを楽しみ、踊り明かします。

12月31日にはウィーンの旧市街全体が、広大なパーティー会場となります。最高のエンターテインメントが楽しめるのは、メインストリートの「シルヴェスター(大晦日)街道」で、ウィーン市庁舎から旧市街の入り組んだ小路へと続いています。このシルヴェスター街道には昨年度70万人の人々が訪れました。

沿道には約80のスナックスタンドがオープンし、ポンチ酒や味の名品を提供します。数多くの特設ステージでは、バラエティショー、ワルツ、オペレッタ、ロック、フォークソングなど多彩なプログラムが繰り広げられます。

新年を迎える独特の雰囲気を味わうには、ドナウ川に就航する遊覧船や、ホーフブルク王宮の皇帝舞踏会、ウィーン市庁舎やデラックスホテルの数々で催されるシルヴェスターガラなどにお出かけください。

豪華列車「マジェスティック・インペラーター」は線路の上を走る宮殿で、印象的な新年への旅を約束します。また、オペラ座では大晦日にヨハン・シュトラウスの「こうもり」が上演され、すでに長い伝統となっています。

元旦の朝は、ウィーン伝統の「カーターフリューシュトゥック」と呼ばれる、二日酔い解消メニューの朝食が、市内のカフェハウスや市庁舎前広場などで供されます。また、世界的に知られるウィーン・フィルのニューイヤーコンサートも、大型スクリーンで中継されます。

年末年始はウィーン市全体がパーティ会場に

f0184241_1502110.jpg
[PR]
by goeurope | 2008-12-04 16:19 | オーストリア