ANTOR-JAPANの欧州最新記事とアーカイブです。


by goeurope

カテゴリ:スロヴェニア( 11 )

最新情報

f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


新規オープンホテル:「レサール・ホテル・アンゲル」

リュブリャナ旧市街という観光にとって最高ロケーションにあります。中世に起源をなす大邸宅を改築しているため、伝統とモダンを融合したホテルになっています。

一流のサービス、近代的なインテリア、リラックスした親しみのわく雰囲気を持ち合わせているこのホテルには、6部屋のデラックス・スイートのあるモダン・クラッシックスタイルと、6部屋のダブル・スーペリアとクラッシックルームのあるトレンド・スタイルがあり、それぞれの部屋が個々にデザインされているため、リピーター客の人気も出そう。

リュブリャナ城直下の丘陵地斜面に500平方メートルのプライベートガーデンがあり、リュブリャナ市街と郊外を見渡す素晴らしい眺めを楽しめます。またここには、リュブリャナ城へ続く『猫の通り道』と呼ばれる小道への出入り口があります。

近くには、クリジャンケ野外ホール、プレシェーレン広場、リュブリャナ市庁舎、三本橋、オペラ、市立美術館などの多くの観光スポットや自然・文化史跡があります。

詳細は下記URLをご覧ください(英語・スロベニア語)。
http://www.angelhotel.si/index2.php

f0184241_1422985.jpg

[PR]
by goeurope | 2010-03-11 14:03 | スロヴェニア

最新情報

f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


スロヴェニアはスポーツイベントが盛りだくさん!

スポーツ王国のスロヴェニアでは、2010年度もスポーツが数多く開催されます。すでに1月15日〜17日にはテレマークスキー・ワールドカップがボヒンで開催され、続いて1月16・17日には、第46回ゴールデンフォックスがマリボルで開催されました。

また、1月25〜31日にはブレッドにて、初の世界マスター冬季競技大会が行われ、アルペンスキー、クロスカントリー、バイアスロン、スキージャンプ、アイスホッケー、室内サッカーなどに携わる選手が参加しました。恒例のプラニツァでのスキージャンプは、今年は3月20・21日に開催される予定です。

少し暖かくなるとこんなイベントも。5月15・16日にマリボルで、マウンテンバイク・ワールドカップが開催されます。また、9月9〜12日はリュブリャナでカヤック・カヌー・スラローム・ワールドカップも開かれます。

観光に合わせてスポーツイベントも体験してみませんか?
イベントの詳細、スロヴェニア観光情報はこちら(一部日本語あり)をご覧ください。
[PR]
by goeurope | 2010-03-02 18:10 | スロヴェニア

アーカイブス

f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


2カ国にまたがる
初の国際スキーリゾートが誕生!


スロヴェニアで最も標高の高い場所にあるスキーリゾートのカニン(Kanin)が、イタリアのスキーリゾートのセラ・ネヴェア(Sella Nevea)と業務提携し、この地域で初の国際スキー場となるカニン(Kanin)が誕生しました。

この2つのスキーリゾートは新設のケーブルカーと滑走路で結ばれ、一大スキーゾーンとしてスケールアップ。共通のスキーパスで全ての施設を使用することができます。

これにより、スロヴェニア側の標高2300mのゲレンデからイタリア側の1100mの谷間まで滑り降りていくことが可能となり、また、入念に管理された総面積約70ヘクタール(全長30kmのスキーコースを含む)のゲレンデとこの標高の高さが生み出す好条件により、晩春までスキーを楽しむことができます。

スキー場内には合計12基のケーブルカー、2基のゴンドラリフト、4基のチェアリフトと5基のドラッグリストがあり、さらに2つの離れたスキーリゾートを結ぶ新しい空中トラムウェイの運行も近く開始される予定です。

新たに登場するトラムウェイ(キャビン2台、収容人数最大100名)は、288mの高度差を4分34秒で進み、毎時1300人の輸送能力を有しています。

ボヴェッツ(Bovec、海抜436m)の町からスキーセンターの中心部(海抜2200m)へは、スロヴェニアで最も長いゴンドラリフトが運行しています。また、ボヴェッツの町には宿泊設備が豊富に揃っています。

スキー場詳細はこちら(英語・スロヴェニア語のみ)。
f0184241_19382887.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-12-01 19:39 | スロヴェニア
f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


リュブリャナ旧市街の新しいホテル紹介

ホテル・アレグロ:スロヴェニアの首都リュブリャナ旧市街の歴史ある邸宅に作られた小さなブティック・ホテル。全12室のほとんどがダブルベッドルームで、3室は4−5人で利用できる。それぞれの部屋が、内装や家具のデザイン・コンセプト、カラー・テーマによって異なっている。リュブリャナの観光スポット、カフェ、レストラン、ショップなどが近く、そんなロマンチックな滞在にはさらにリュブリャナ城の眺めや教会近くの町の賑わいが花を添える。

ホテル詳細はこちら
f0184241_22502564.jpg

ホテル・ア・モード:リュトメル近郊マラ・ネデリャのホテル・ア・モードは、スパと現在拡張中のウェルネスを備えるビオ・テルメを目当てに訪問者数が増える、東スロヴェニアにあるこの町唯一のホテル。ダブルルーム38室、会議室、サウナと日焼け装置を備えたホテルプールを設備。プルレキヤ地方を探索するには絶好の場所である。ドラヴァとムラの二つの川に挟まれたこの地方は、上質ワインとユニークな伝統料理でも知られる。これらはホテルレストランでもトライできる。
ホテル詳細はこちら



リュブリャナの町を走る!:マラソン

10月、スロヴェニアの首都リュブリャナが再びマラソンの町となる。毎年がんばり屋の地元や国外のランナー達(昨年は1万3千人以上!)が参加するこのイベントでは、クラッシックマラソンかハーフマラソン、または10.5kmのレクリエーションマラソンに参加できる。エントリーは10月20日まで。

旧市街から緑広がる郊外にコースが及ぶリュブリャナ・マラソンは、ランナーにとっても、また沿道の観客にとっても特別な体験となる。今年14回目を迎えるこのマラソンの国際イベントの開催は、10月25日(日)。

マラソン前日、多くのランナー達がパスタ・パーティで気を高める一方、リバースポーツの愛好家たちも、同じくリュブリャナで開催される第3回カヤックマラソンでその腕を競う。カヤッカーとカヌイストたちは、市内多くの橋の架かるリュブリャニツァ川に設けられる様々なコースでその力を出し合う。最長コースは12km、レクリエーションコースは5kmと9km。過去のリュブリャニツァ川でのマラソン参加者には、世界大会のメダリストたちもいる。

詳細はこちら
f0184241_2250432.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-10-06 22:51 | スロヴェニア
f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


都市の真下にある「クランの地下トンネル」を体験

暑い夏の日々、スロヴェニアの多くの都市の地上で、驚きの体験ができる催し物が行われています。大小様々なカルストの鍾乳洞は、すでに訪れた方もいるでしょうし、涼しいワインセラーのある町も、そして鉱山トンネルの中へも…(メジツァの鉱山トンネルは、サイクリングも可能)

スロヴェニア人観光客は、すでにもうこれらをよく知っており、その中には最近観光用に公開されたクランにある地下トンネルもあります。

クランの地下トンネルは、第二次世界大戦中に市民が防空壕として使った際にできました。その後忘れ去られ、手付かずとなった全長1300メートルの防空壕は、クランの技術文化を語る証拠として再現されました。

所々で道が枝分かれする幅約2メートルの地下トンネルへは、4方向から入ることができます。トンネルはコンクリート板で保護されていますが、未完成部分ではまだ礫岩の一次採掘跡が見られます。この地下システムの一部には、小さなホールもあります。

防空壕の中には、天然の鍾乳洞トゥラールがあり、ここには鍾乳洞研究室が置かれています。1960年代、この鍾乳洞へ類人魚(プロテウス・アンギヌス)が持ち込まれました。ピレネーにあるよく似た研究室のほか、自然外で類人魚を繁殖させる唯一の場所です。

手付かずの地下トンネルは暗く、湿度が高く、常温がカルスト鍾乳洞やそれに似た環境に適応しているため、トンネル内にはそれらの条件に適応できる動物がすんでいます。洞窟バッタ(トログロフィルス・カヴィコラ)、ヨーロッパ洞窟クモ(メタ・メナルディ)、コウモリ(リノロプス・ヒッポシデロス)も大小が生息しています。

水が滴るところには、自然の鍾乳洞のようにゆっくりと鍾乳石が成長しています。地上から15メートルの厚みの礫岩を浸透してきた雨水に含まれるカルシウムの結晶が層を成して作ります。天井からはストロー状またはスパゲティ状の鍾乳石が伸びます。地面からは太い石筍がゆっくりと成長します。

クランの地下トンネルのガイドツアーは、毎週火・金の午後5時から、また毎週土・日の午前10時から実施しています。集合場所はクラン・ハウス前。

▼ツアー詳細はこちら(英語)

▼クランの地下トンネルの詳細はこちら(英語)
f0184241_21245228.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-08-04 21:26 | スロヴェニア
f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


スロヴェニアの絶景ゴルフ場、ユニークで多彩なコースの数々

スロヴェニアのゴルフコースは、北東部にあるパンノニア平原から南西部のカルスト台地、ユリアンアルプス山麓の草原からサワ川沿いの丘陵地にまで広がります。これらのコースでは、パーフェクトにゴルフ技術を習得したい方からビギナーまで、また大人から子供まで、多様なゴルフを楽しむことができます。

スロヴェニアにある10のゴルフ場と無数のドライブエリアに今年5月、リュブリャナのシュマルナ山麓に18ホールから構成されるコースと、ソチャ渓谷ボヴェッツの9ホールから構成されるゴルフ場が加わりました。大自然を満喫できる観光リゾート地で、ゴルフを思う存分楽しむことができます。

「ダイナースクラブ・リュブリャナ・ゴルフコース」では、6200平方メートルにおよぶ敷地内にて、10月までに10以上のトーナメントが開催される予定です。素晴らしいグリーン、フェアウェイ、ティー同様、コースにはゴルフアカデミー、プロショップ、専用ダイニングもあります。ペンション、ヴィラなどのリゾート施設が近郊に来年オープン予定で、首都リュブリャナから近いことも利点です。

また、「Hitホリデーズ・ゴルフクラブ・ボヴェッツ」は、スロヴェニア初の環境にやさしいゴルフコースとして誕生しました。ソチャ川沿いの人気リゾート地ボヴェッツのすぐ近くにあり、5月まで雪の残る高山スキーリゾートのあるカニン山麓にあります。自然を舞台にしたおとぎ話も、個人ホールの名前としてつけられており、そのひとつは『ナルニア』と名づけられています。コースは、映画ナルニア国物語2の撮影に使われたロケーションにあるからです。

スロヴェニアのユニークで多彩なゴルフ場をぜひ体験してみてください!
f0184241_165761.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-07-06 16:05 | スロヴェニア
f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


“I FEEL SLOVENIA BY NIGHT”
6月は夜のイベントでスロヴェニアを体感!


スロヴェニアの夏至も21日。夏の夜の時間を楽しもうと、この時期から街の中心部や観光エリア、アトラクションエリアにおいて様々なイベントが開催されます。

◆【6月21日】スロヴェニアの博物館やアートギャラリーにおいてサマーナイト・アット・ミュージアム・イベントが開催されます。通常の営業時間後(閉館後)特別にオープンし、コンサートやエンターテイメント、博物館ならではの特別講演なども予定されています。

◆【6月21日】リュブリャナ動物園においてミッドサマー・ナイトが開催。園内のシダ林を歩き、シダの種を自分の衣服や靴につけることが目的です。というのは、昔からの言い伝えで、夏至のころにこの行動をすることによって、動物の言葉を理解できるとされているからです。もちろん当日は動物園のガイドが案内します。動物園の詳細はこちら

◆スロヴェニアでは夏至に「たき火」をする習慣があります。神秘的な体験は全国の主要都市や湖畔などで体験することができます。ぜひこの機会にスロヴェニアを“FEEL”してください。
f0184241_20411.jpg
▲首都リュブリャナのプレシェーン広場

[PR]
by goeurope | 2009-06-04 20:06 | スロヴェニア
f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


スロヴェニアのお土産・名産って?
昔からの伝統が込められた「蜂蜜」


春になると、柳、サクランボ、ブルーベリー、トリネコの木、マロニエや栗の木、そして多くの蜜を香らす他の植物が、スロヴェニアの養蜂箱からミツバチを呼び寄せます。スロヴェニアには、古くから養蜂産業と蜂蜜加工技術が発展し、蜂蜜、ハニーリキュール、蜂蜜漬けドライフルーツ、ハニークッキーなどが観光のお土産としても喜ばれています。

とくに、養蜂はゴレンスカ地方において大きな意味を持ち、その中のラドウリツァという町には養蜂博物館があります。ここではスロヴェニア原産種カルニオラ蜂、養蜂箱の蓋への絵付け文化、世界的に有名なスロヴェニア出身養蜂家、養蜂過程が紹介されています。蜂蜜製品は、養蜂農家、土産店、市場などで購入できます。

博物館の紹介はこちら(英語)をご覧ください。
[PR]
by goeurope | 2009-06-04 19:00 | スロヴェニア
f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


スロヴェニア・サマーフェスティバル2009
夏は様々なイベントや祭典が満載!


●「ドゥルガ・ゴドゥバ−」(DRUGA GODBA=5月18日〜29日、リュブリャナ)
国際的な民族と音楽のフェスティバル。海外からのアーティストを迎え、さまざまな音楽イベントが開かれます。

●「第50回リュブリャナ・ジャズフェスティバル」(6月末〜7月4日、リュブリャナ)
毎年一流アーティストが名前を連ね、7月4日まで町全体がジャズで満たされます。

●「リュブリャナ・サマーフェスティバル」(7月6日〜9月4日、リュブリャナ)
このフェスティバルは、リュブリャナ市内の数多くの会場でボリショイ劇場、ロンドン交響楽団、シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン・オーケストラ&合唱団など、70以上のイベントが予定されています。
詳細はこちら

●「レント・フェスティバル」(6月末〜7月11日、第二の都市マリボル)
400以上のイベントには毎年50万人が訪れ、ヨーロッパでも最大級のサマーフェスティバルです。約30の会場で開かれるフェスティバルには、クラッシクコンサート、ジャズ、ポップ&エスニック音楽コンサート、シンガーソングライターやシャンソンの夕べ、演劇、ダンス、コンサート、人形劇、子供のための工作教室、スポーツイベントなどが組み込まれています。今年もレント・フェスティバルの一環として、国際民族舞踊フェスティバルフォークアート、ジャズレント、ストリートシアター・フェスティバルが開かれます。
詳細はこちら
f0184241_1683326.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-05-07 16:12 | スロヴェニア
f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


リュブリャナ城のプレチニック・パスが修復工事完了

首都リュブリャナのシンボルでもあるリュブリャナ城へのウォーキング・パス(遊歩道)が完全に修復しました。このパスは、著名な建築家プレチニックにより造られましたが、第二次世界大戦中に部分的に破壊されてしまい、ようやく修復工事が終了したものです。お城へのアクセスにはケーブルカーもありますが、時間にゆとりがあれば、是非、プレチニック・パスを歩いてみてください。詳しくはこちらをご覧ください。

スキーヤー&スノーボーダー必見!
フリー・シャトルバスが運行されます


リュブリャナの主要ホテルからKrvavecスキーリゾート(リュブリャナから約38km)まで、無料のシャトルバスが2009年5月5日まで毎週金・土・日曜に催行されます。主要ホテル以外のホテルに宿泊している場合でも、予約をすれば利用可能です。詳細はご滞在のホテル、もしくはこちらをご覧ください。
f0184241_12241194.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-02-02 12:25 | スロヴェニア