ANTOR-JAPANの欧州最新記事とアーカイブです。


by goeurope

カテゴリ:ベルギー・ワロン・ブリュッセル( 16 )

ベルギー・アーカイブス

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


ブリュッセルカード2009年度版に新たな特典

ブリュッセルの市内交通フリーパスと、ミュージアムの入場料が割引になるお得なパス『ブリュッセルカード』に新たな特典が加わりました。ショッピングやカフェで受けられる特典が増えたほか、入館料の割引などが受けられる美術館や博物館が拡大されました。

カードの有効期限は1日〜3日まで選ぶことができ、観光の強い味方となってくれるブリュッセルの観光案内がセットになっています。ブリュッセルカード2009年度版の変更点は以下の通りです。

【新しい特典】
▼カフェ:ラ・フルール・アン・パピエ・ドレ(La Fleur en Papier Dore cafe)/25%割引
▼レストラン:オー・ステルクルプラット(Au Stekerlapatte)と、ラリエール・ペイ(L'Arrie're-Pays)/食前酒サービス
▼サイクリングツアー/ブリュッセル・バイク・ツアーズ(Brussels Bike Tours)/25%割引
▼コーケルベルグ大聖堂 パノラマ展望見学/40%割引

【新しく加わった美術館・博物館】
▼マグリット美術館▼ウィールス美術館▼ハルの門博物館▼ボタニック▼ウィトッキアナ古書博物館

ブリュッセルカードの詳細はこちらをご覧ください。
International
f0184241_1552493.jpg

(c)Brussels
[PR]
by goeurope | 2009-03-03 15:55 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル

ベルギー・アーカイブス

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


ブリュッセルに「マグリット美術館」がオープン
200点以上の絵画や文書を所蔵


ベルギーを代表するシュールレアリズムの画家ルネ・マグリットの美術館が、今年6月2日にオープンします。場所はブリュッセル市中心部の王宮広場に面したアルテンロー邸で、館内には200点以上の絵画や文書が所蔵され、世界で最も充実したマグリットのコレクションとなります。ミュージアムショップやマルチメディアスペースも併設される予定です。

ルネ・マグリット(1898-1967)は、20世紀で最も重要な芸術家の一人です。シュールレアリストである彼の作品は、ベルギーだけでなく世界中で賞賛され評価されています。

そして、マグリットの作品は20世紀絵画の中で最も良く知られているものであると同時に、最も困惑させるものです。彼はイメージの達人として、日常の身近なものを取り上げ、それに新しい意味を与えます。木の葉が樹木になり、りんごが部屋いっぱいになり、靴が足になり、岩が雲になる・・・。彼は日常の現実を一風変わった手法でとりあげて、観る人を不思議な世界に引き込みます。

【マグリット美術館】
場所:Place Royale 1, 1000 Brussels
最寄り駅:メトロGare Centrale
入場料:一般8ユーロ(予定)
詳しくはこちらをご覧ください。
f0184241_12361643.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-02-02 12:36 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル

ベルギー・アーカイブス

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


チョコレートの祭典「ブルージュ・チョコレートフェスティバル」開催

2009年で4回目を迎えるブルージュのチョコレートフェスティバルが、2009年2月1日〜3月26日までブルージュで開催されます。街はチョコレートの甘い香りで満たされ、チョコレートの歴史を紹介したチョコレートミュージアムをはじめ、ガイドと街を歩くチョコレート・ウォークなどが開催されます。また、市内にあるレストランのうち14軒では、特製のチョコレートメニューが楽しめます。

【チョコレート博物館】
2500年の歴史を持つチョコレートの文化と魅力を紹介する博物館。五感を使いながらチョコレートの歴史を辿ることができる体験型の博物館です。見学の最後にはチョコレートのテイスティング付き!
・入場料:6ユーロ

【チョコレートメニュー】
ブルージュの有名レストランのシェフが腕によりをかけてオリジナルのチョコレートメニューを創作。チョコレートの新しい味わいを広げる創作料理が競われる、毎年好評のイベントです。
・期間:2009年2月2日〜3月26日

【チョコレートウォーク】
個人旅行のオプションとして利用したいのがチョコレートウォーク。チョコレートショップやテイスティングを楽しみながら、世界遺産の街ブルージュを散策します。ウォークが終わる頃にはすっかりチョコレート通になれるガイド付きのツアーです。
・期間:2009年2月2日〜3月26日
・開催日:月、水、土
・参加料:9ユーロ
・言語:英語、オランダ語、フランス語
・チケットの発売&ツアー出発地:ブルージュ観光局インフォメーション

※イベントの詳細はブルージュ観光局のウェブサイトでも見ることができます。
 詳しくはこちらをご覧ください。(蘭・仏・英語)
f0184241_12101661.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-02-02 12:09 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル

ベルギー・アーカイブス

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


ブルージュ冬期限定のイベント(ブルージュ)

世界遺産の街・ブルージュのロマンチックな雰囲気が楽しめる冬期限定のイベントをご紹介します。クリスマスシーズンにあわせたオルガンコンサートや、ストリートパフォーマンス、ライトアップされた夜の街を歩くウォーキングなどが楽しめます。

◆ユニークなショー「brrr…ugge」
アーレンツハウス、グルートフーズ博物館の中庭、ブルグ広場が幻想的にライトアップされ、ユニークなコンサートやスペクタクルが繰り広げられます。タンゴのショーやゴスペル、ピアノコンサート、ファイアーダンス等のパフォーマンスが週替わりで行なわれます。
期間:11月17日(月)〜12月29日(月)
開催日:月、水(12月24日を除く)、土(12月20日と12月27日)
場所:アーレンツハウス、グルートフーズ博物館、ブルグ広場
時間19:30〜
見学:無料
f0184241_18425212.jpg
◆ウォーキングツアー
日も沈み、夜景が美しく映える運河沿いや、小さな路地を歩きながらガイドの話に耳を傾けると、まるで中世に迷い込んだかのようです。コースはブルージュ観光局インフォメーションセンターを起点に、市内を約2時間かけて散策します。
<イヴニング・ウォーク>
期間:11月30日〜12月18日、2009年1月5日〜1月31日
開催日:月、火、水、土、日
時間17:30〜19:30(約2時間)
<クリスマス・ウォーク>
期間:12月20日〜2009年1月4日
開催日:毎日
時間17:30〜19:30(約2時間)

《ウォーキングコースのチケットと問い合わせ先》
参加費:9ユーロ(チケットはブルージュ観光局インフォメーションセンター In & Uit Brugge にて発売)
言語:英語、オランダ語、フランス語
集合場所:ブルージュ観光局インフォメーションセンター(In & Uit Brugge)

◆オルガンコンサート
ブルージュ市内の教会やコンサートホールでは、クラシックなクリスマス音楽と現代の音楽を組み合わせた冬期限定のオルガンコンサートが開催されます。
▼オルガンとソプラノのコーラスが響きあうコンサート
会場:盲目の聖母教会(O.L.V. Van Blindekens)
開催日:12月9日,16日,23日、2009年2月10日、2月17日/いずれも19:00〜
▼オルガンと、ピアノ、ハープのハーモニーが美しく重なり合うコンサート
会場:市立音楽院・オルガン公会堂
開催日:12月2日、2009年2月3日/19:00〜
▼オルガンとフルートによる、伝統とモダンが融合したユニークなコンサート
会場:ベギン会院(Beguinage Church)
開催日:12月21日(クリスマスコンサート)、2009年1月4日、1月25日/いずれも19:00〜
※オルガンコンサートのチケット問い合わせ先
Kathedraalconcerten
+32 (0)476 75 63 85
E-mail
料金:10ユーロ

なお、上記イベントの詳細はこちらをご覧ください。
[PR]
by goeurope | 2009-01-01 18:36 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル

ベルギー・アーカイブス

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルから
新たなパンフレットを2種類発行しました!


このたびベルギー観光局ワロン・ブリュッセルより、「ワロン・ブリュッセルガイド」と「ベルギー・フランス・ルクセンブルグ」の2種類のパンフレットを新たに発行いたしました。

f0184241_205238.jpg
◆「ベルギー ワロン・ブリュッセルガイドブック」(A5版8ページ)
首都ブリュッセルと南部ワロン地方の見どころ、グルメ、ライフスタイルを紹介したパンフレット。ブリュッセルでは来年オープンするマグリット美術館をはじめ、アートやアンティーク市の楽しみを、ワロン地方は町や村の魅力や伝統的なお祭りを紹介。また“美食の国ベルギー”ならではのグルメの情報も満載です。

◆「ベルギー・フランス・ルクセンブルク/3ヶ国を巡る旅 〜かわいい幸せをさがしに行こう〜」(A4版8ページ)
ベルギー・フランス・ルクセンブルクの3カ国をまわる旅を提案したパンフレット。グルメやアート、ワインにビールと、楽しみがいっぱいの3ヶ国の魅力を紹介。モデルコースも掲載しています。

資料の請求はこちら
[PR]
by goeurope | 2008-10-08 20:50 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル

ベルギー・アーカイブス

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


ベルギーは秋からグルメの季節!

アルデンヌの森を抱えるワロン地方では、秋に狩猟が解禁となり、ジビエ料理が地元レストランのメニューに並びます。ワロン地方の“オーベルジュ”と呼ばれるホテル・レストラン(日本の旅館のようなもの)には、週末を利用して地元のベルギー人はもちろん、周辺のヨーロッパの国からも、ジビエを求めて多くの人が訪れます。

また、ベルギーの名物料理として知られるムール貝も、秋から冬にかけて旬を迎えます。ムール貝は、とくに“R”が付く月がおいしいとされ、この時期のものは身もふっくらとしています。

秋冬は「美食の国ベルギー」を一番感じることのできる、“食”の季節です。
秋から冬にかけて、ベルギーではグルメの季節を迎えます。とくに、秋に解禁される「ジビエ」料理は、ベルギー南部ワロン地方の名物。「ジビエ」とは狩猟料理のことで、主に野ウサギや鹿、野禽などのことで、ヨーロッパでは狩猟が行える地域でよく食されます。
f0184241_22211384.jpg

[PR]
by goeurope | 2008-08-01 14:18 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル