ANTOR-JAPANの欧州最新記事とアーカイブです。


by goeurope

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

f0184241_1561888.gif

f0184241_15391685.gif
ポーランド政府観光局


木に込められた美しさ 〜マウォポルスカの木材教会群〜

ポーランド南東部、マウォポルスカ地方には、景観の中に見事に溶け込んだ築数百年を数える木造の正教教会やカトリック教会が点在しています。日本と違い石造りの建築が中心のヨーロッパで、木造の教会建築がこれほどの優れた状態のまま保存され、しかも現在に至るまで現役の機能を保ち続けているということはまさに奇跡的です。

f0184241_19362511.jpgそうした教会はかつて、ごく普通の大工たちの手によって建てられたものですが、その木造建築の見事さが評価され、状態のいいものは今ではすっかり高尚な教会建築とされるようになりました。とくに、各教会の内部に施された鮮やかな多採色画が高く評価され、6つの教会がユネスコ世界遺産に登録されています。

教会群のうちで最古のものは、15世紀にモミ材で建てられた「ハチュフ」の教会です。建物全体がこけら板で覆われており、内部では多彩装飾の装飾を見ることができます。

そして、最も貴重な史跡の一つと見なされているのは、「ブリズネ村」の教会です。15世紀末から16世紀初頭に建立されたもので、同じくこけら板で覆われています。内部は、ゴシック様式とルネサンス様式の最古の多彩装飾の一部を見ることができます。

「センコヴァ」の教会は、独特の尖り屋根が目を引きますが、全体が調和のとれたシルエットを描いています。また、「ビナロヴァ」の教会には、非常に貴重な多彩装飾(新約聖書の場面の連作)と14世紀末の木製の聖母像があります。「デンブノ」にある教会は15世紀のもので、その内部には美術、彫刻、工芸の類を見ない作品群が残されています。そのほか、「リプニツァ・ムロヴァナ」の教会では、天井や壁を貴重な多彩装飾が覆っており、ここにもバロック期の絵画や彫刻があります。

これらの木造教会群は互いに離れた場所にあるため、旅行プランは事前によく練る必要があります。クラクフに拠点を置きながら車で巡るのが一番よい方法です。
[PR]
by goeurope | 2009-01-05 19:37 | ポーランド
f0184241_20183312.gif

f0184241_20185247.gif
アイルランド政府観光庁


ヘリテージ・アイルランドの日本語ウェブサイト完成

f0184241_19323034.jpg
アイルランドの豊かな文化や自然遺産を紹介している「ヘリテージ・アイルランド」の、初の日本語ウェブサイトが完成しました。こちらの日本語ウェブサイトでは、アイルランドに数多く存在するヘリテージ(遺産)サイトを地域別に、ひとつひとつ丁寧に紹介しています。また、イベントカレンダー(英語)もついており、ご旅行の計画にも非常に便利なサイトとなっています。ぜひ次回の旅行にご活用ください。

詳しくは「ヘリテージ・アイルランド」日本語ウェブサイトをご覧ください。
[PR]
by goeurope | 2009-01-05 19:33 | アイルランド

オランダ・アーカイブス

f0184241_21213811.gif

f0184241_21221011.gif
オランダ政府観光局


オランダへの持ち込み品で非課税枠の変更

2008年12月1日より、EU圏外からオランダへ入国する旅行者が、非課税で持ち込める物品のルールが改定になりました。主な変更点は以下の通りです。

●旅行者本人が使用する以外に持ちこめる物品(お土産物など)金額の非課税上限が430ユーロに変更(以前は175ユーロ)。

●香水およびオードトワレは課税対象外に(以前は量により課税対象)。

●紅茶・コーヒーは課税対象外(以前は量により課税対象)。

●ビールについては16リットルまで非課税で持ち込み可能

詳しくは「オランダ税関」の解説ページ(英語)をご覧ください。
[PR]
by goeurope | 2009-01-02 19:23 | オランダ
f0184241_2114299.gif

f0184241_212345.gif
オーストリア政府観光局


ウィーンの循環路面電車に観光専用車両が登場

ウィーンのリンク通りを行く路面電車の路線が改編され、2009年4月4日からは観光客専用車両がリンク通りを循環運行します。

f0184241_19111659.jpgこれまで、ウィーン旧市街を囲むリンク通りを循環していた市電1番と2番が、2008年10月末から、新たなコースを走るようになりました。両路線は、旧市街の周囲を完全に循環するのでなく、周辺の区へと向かうようになりました。その沿線には、3区のフンデルトヴァッサーハウスやクンストハウス・ウィーンに加え、ブルク劇場、市庁舎、国会議事堂、美術史博物館、自然史博物館、ホーフブルク王宮、オペラ座などが並んでいます。

そして、2009年4月4日からはリンク通りを周遊する観光客専用ルートが開通します。これは、40人用の座席を備えた旅行者専用車両で、年間を通して毎日10時〜18時まで、旧市街を囲むリンク大通りに運行します。

車内では液晶ディスプレイに沿線沿いの名所のハイライトが紹介され、ヘッドホーンを使って様々な言語で説明を聞くことができます。ホップオン・ホップオフ方式で、自由に乗り降りできますが、専用チケットが必要です。
[PR]
by goeurope | 2009-01-02 19:09 | オーストリア
f0184241_2225695.gif

f0184241_22252478.gif
ハンガリー政府観光局


ブダペスト交通局が1月1日に料金改定

ブダペスト交通局は、2009年1月1日から各種乗車券の料金を改定します。主な改定料金は次の通りです。
▼乗車券:290Ft.
▼車内購入乗車券:400Ft.
▼10枚綴り乗車券:2600Ft.
▼1日乗車券:1500Ft.
▼3日間乗車券:3700Ft.
▼7日間乗車券:4400Ft.
▼地下鉄区間乗車券:240Ft.
▼乗継乗車券:450Ft.
[PR]
by goeurope | 2009-01-01 19:28 | ハンガリー
f0184241_16214967.gif
f0184241_16223419.gif
f0184241_16225998.gif


f0184241_16511141.gif

スカンジナビア政府観光局

冬になると食べたくなる、スウェーデン名物
「ヤンソン氏の誘惑」


「ヤンソン氏の誘惑(ヤンソンス・フレステルス)」というスウェーデンの名物料理はご存じですか?アンチョビの入ったポテトグラタンで、細く切ったじゃがいもと、薄く切ってきつね色になるまで炒めたタマネギとアンチョビを交互に入れて香ばしく焼き上げた人気メニューとなっています。

f0184241_1857222.jpg
その不思議な名の由来は、その昔、宗教上の理由で魚や肉を食べてはいけなかったヤンソン氏という人が、いい香りのするこの料理の魅力には勝てずに食べてしまった、というエピソードからきているのだとか。レシピはとっても簡単。北風を感じるようになってきたこの季節、今夜のディナーにぜひお試しください。

【ヤンソン氏の誘惑・レシピ】
材料:
・ジャガイモ6個
・たまねぎ2個(薄くスライスする)
・アンチョビのフィレ10枚
・バター(大さじ6〜7)
・生クリーム(120cc)

【作り方】
1、オーブンを200℃に温めておく。
2、ジャガイモの皮をむき、細長い角切りにした後、冷たい水に通す。
3、ペーパータオルでジャガイモの水気を充分に抜く。
4、フライパンでバター大さじ2を中強火で熱してとかす。
5、フライパンにたまねぎを加え、黄金色になるまでソテーする。
6、容器に焦げ付き防止のための油をひく。
7、ジャガイモをまんべんなく容器にしき、その上にアンチョビを層のようにして置いていく。
8、さらにタマネギを容器のふちを少し残して入れ、最後にジャガイモを乗せて4層を作る。
9、生クリーム100ccをポテトの上からまんべんなく注ぎ、大さじ4〜5のバターを小さく分けて点にして置いていく。
10、200℃のオーブンで45分焼き、20分ほど経ったところで残りの生クリームを上から注ぎ、再びオーブンで残り時間焼いたらできあがり。
[PR]
by goeurope | 2009-01-01 19:09 | スカンジナビア3国
f0184241_20264647.gif

f0184241_20271046.gif
クロアチア政府観光局


ロヴィニュがクロアチアの観光チャンピオンに

クロアチアで最もロマンチックな観光地といわれ、質の高い設備と数多い観光施設で知られているイストゥラ地方のロヴィニュ市が、2008年のクロアチア観光チャンピオンに選ばれました。

f0184241_1851218.jpgロヴィニュではここ数年、施設の改装や建設、サービスレベルの向上など、観光の重要基盤への投資が積極的に行われ、町の整った佇まいやインフラの質に注目が向けられています。現在、この町にはさまざまな宿泊施設があり、1日に合計3万人の観光客が宿泊可能です。ホテル施設は現在の観光市場のニーズに適応しており、バケーションだけではなく、地中海の雰囲気が楽しめるウェルネス観光のプログラム提供にも力を入れています。

観光客にとって、ロヴィニュの建築と雰囲気は非常に印象的です。とくにロヴィニュの旧市街は必見。丘の上にあり、その頂上にはひときわ目立つ聖エウフェミヤ教会があります。聖エウフェミヤ教会はバロック様式の建物で、高さ60メートルの鐘楼を持ち、その頂上には2世紀半前に建てられたブロンズ製の聖エウフェミヤ像があります。

最近では、ロヴィニュの漁師が使った伝統的な船「バタナ」をテーマにしたクロアチア初のエコミュージアム『バタナの家』も完成しました。そのほかにも、ロヴィニュには毎年大勢の観光客を惹き付ける文化的・歴史的な記念物や、博物館などが数多くあります。

これらが評価され、ロヴィニュはクロアチア政府観光局主催の「青い花」プロジェクトにおいて、最も整った佇まいのある街として「金印の青い花」賞を授与しました。さらに、クロアチア商工会議所とクロアチア国営ラジオ・テレビ局主催のプロジェクトで、ベッド数1万以上のカテゴリーで「2008年度観光の花 − クロアチアのためのクオリティ」という大きな賞を受賞しており、観光地として高い評価を得ています。

ロヴィニュでは年間を通して数多くのエンターテイメントや文化的行事、スポーツイベントなどが開催されており、観光客は楽しみながらこの町と地域や伝統、風習などを知ることができます。観光だけでなく、クロアチアの文化が体験できるこれらのイベントもチェックしてみてください!

ロヴィニュ市観光局ホームページはこちらをご覧ください。
[PR]
by goeurope | 2009-01-01 18:47 | クロアチア

ベルギー・アーカイブス

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


ブルージュ冬期限定のイベント(ブルージュ)

世界遺産の街・ブルージュのロマンチックな雰囲気が楽しめる冬期限定のイベントをご紹介します。クリスマスシーズンにあわせたオルガンコンサートや、ストリートパフォーマンス、ライトアップされた夜の街を歩くウォーキングなどが楽しめます。

◆ユニークなショー「brrr…ugge」
アーレンツハウス、グルートフーズ博物館の中庭、ブルグ広場が幻想的にライトアップされ、ユニークなコンサートやスペクタクルが繰り広げられます。タンゴのショーやゴスペル、ピアノコンサート、ファイアーダンス等のパフォーマンスが週替わりで行なわれます。
期間:11月17日(月)〜12月29日(月)
開催日:月、水(12月24日を除く)、土(12月20日と12月27日)
場所:アーレンツハウス、グルートフーズ博物館、ブルグ広場
時間19:30〜
見学:無料
f0184241_18425212.jpg
◆ウォーキングツアー
日も沈み、夜景が美しく映える運河沿いや、小さな路地を歩きながらガイドの話に耳を傾けると、まるで中世に迷い込んだかのようです。コースはブルージュ観光局インフォメーションセンターを起点に、市内を約2時間かけて散策します。
<イヴニング・ウォーク>
期間:11月30日〜12月18日、2009年1月5日〜1月31日
開催日:月、火、水、土、日
時間17:30〜19:30(約2時間)
<クリスマス・ウォーク>
期間:12月20日〜2009年1月4日
開催日:毎日
時間17:30〜19:30(約2時間)

《ウォーキングコースのチケットと問い合わせ先》
参加費:9ユーロ(チケットはブルージュ観光局インフォメーションセンター In & Uit Brugge にて発売)
言語:英語、オランダ語、フランス語
集合場所:ブルージュ観光局インフォメーションセンター(In & Uit Brugge)

◆オルガンコンサート
ブルージュ市内の教会やコンサートホールでは、クラシックなクリスマス音楽と現代の音楽を組み合わせた冬期限定のオルガンコンサートが開催されます。
▼オルガンとソプラノのコーラスが響きあうコンサート
会場:盲目の聖母教会(O.L.V. Van Blindekens)
開催日:12月9日,16日,23日、2009年2月10日、2月17日/いずれも19:00〜
▼オルガンと、ピアノ、ハープのハーモニーが美しく重なり合うコンサート
会場:市立音楽院・オルガン公会堂
開催日:12月2日、2009年2月3日/19:00〜
▼オルガンとフルートによる、伝統とモダンが融合したユニークなコンサート
会場:ベギン会院(Beguinage Church)
開催日:12月21日(クリスマスコンサート)、2009年1月4日、1月25日/いずれも19:00〜
※オルガンコンサートのチケット問い合わせ先
Kathedraalconcerten
+32 (0)476 75 63 85
E-mail
料金:10ユーロ

なお、上記イベントの詳細はこちらをご覧ください。
[PR]
by goeurope | 2009-01-01 18:36 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル

ドイツ・アーカイブス

f0184241_21375633.gif

f0184241_2138345.gif
ドイツ観光局


コーブルクで「テディベア特別展」開催中
ハイキングやサイクリングにも最適


コーブルクにある人形博物館で「ヘルマン社テディベア特別展」が11月22日にスタートし、来年2月1日まで開催されています。

f0184241_197944.jpg展示されるのは、テディベア・ファンの間で絶大な人気を誇る老舗ヘルマン社のテディたち。「ヘンゼルとグレーテル」や「かえるの王様」など、童話のシーンをモチーフとした12の作品を見ることができます。

1987年にオープンしたこの人形博物館は西洋人形のコレクションでも有名。最も古いものは1830年につくられたもので、そのほか19世紀の人形の衣装からは、当時のヨーロッパ女性たちのおしゃれ事情がよくわかります。

コーブルクはニュルンベルクの北100キロに位置し、おもちゃの町として知られています。有名なニュルンベルクのおもちゃ博物館とあわせて、テーマを「おもちゃ」として訪ねるのもおすすめです。

また、コーブルクはバイエルン北部フランケン地方に位置する宮殿の町でもあります。ザクセン・コーブルク・ゴータ侯爵家の宮廷都市としとして発展し、ヨーロッパ各国の王室と積極的な婚姻関係を結んだ結婚政策によって、ダイナミックな世界史を刻んできました。

町のシンボルでもあるコーブルク要塞を含めて4つの宮殿があり、そこには様々な歴史が描かれてきました。マルティン・ルターはコーブルク要塞にかくまわれ、聖書翻訳作業の続きを行いました。また、ワルツ王として知られるヨハン・シュトラウスもコーブルクで暮らしました。

このほかにも、クリスマスミュージアムやフンメル人形で有名なゲーベル社の陶磁器博物館など、見どころは数多くあります。変化に富んだ地形で、サイクリングからハイキングなど、アクティブ・ホリデーにも最適です。

コーブルクの詳細はこちら(英語のみ)でも案内しています。

博物館ではテディ作りコースも行っています。自分だけのオリジナル・テディを作ってみませんか?
▼第1回:2009年1月17日(土)14時〜16時
▼第2回:2009年1月31日(土)14時〜18時

お問い合わせはドイツ観光局(電話=03-3586-0705)へ。
[PR]
by goeurope | 2009-01-01 18:04 | ドイツ

スイス・アーカイブス

f0184241_19515071.gif

f0184241_19523319.gif
スイス政府観光局


スイス各地でクリスマスマーケットが開催されます

クリスマスに向けての準備期間にあたるアドヴェント・シーズン(クリスマスイブまでの約4週間)になると、クリスマスのデコレーション用品やプレゼントなどを売るスタンド(屋台)が軒を連ね、町を飾るイルミネーションとともに、クリスマス気分がだんだんと高まっていきます。

f0184241_1905611.jpgスイス各地で開催されていますが、バーゼル、チューリヒ、ベルン、モントルーなどの都市は規模も大きく人気のイベントです。中世の街並や荘厳な聖堂が光に彩られるロマンティックな雰囲気もお楽しみください。

各地の開催日程やイベント概要などはスイス政府観光局ホームページで案内しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
[PR]
by goeurope | 2009-01-01 11:59 | スイス