ANTOR-JAPANの欧州最新記事とアーカイブです。


by goeurope

<   2009年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

オランダ・アーカイブス

f0184241_21213811.gif

f0184241_21221011.gif
オランダ政府観光局


今年は日蘭通商400周年、ジャパン@ライデン開催

日蘭交流400周年記念の2000年にライデン市を訪れた天皇皇后両陛下を窓越しに、こう笑顔で誘った若いオランダ人女性のエピソードはまだ記憶に新しいものです。

今年、2009年は日蘭通商400周年記念にあたり、ライデンは再び、市をあげてこの年を祝うために数々の行事を企画しています。シーボルトハウスをはじめ、各地の美術館、博物館、映画館、レストランなどで、日本を題材としたイベントが年間を通し催されます。

日本の伝統芸術の紹介はもとより、ヨーロッパで活躍している日本の若手アーティストの作品展や、レストランでの「出島のオランダ料理メニュー」など、日本でも体験できないような行事が現地の人々と一緒に楽しむことが出来ます。

イベントのプログラムは、こちらのウェブサイト(日本語)をご覧下さい。

ぜひこの特別な機会に、オランダで日本と最もゆかりの深いシーボルトハウスとライデン市を訪ねてみてください。
f0184241_160059.jpg

◆日本と西洋の交流の原点、ライデンの「シーボルトハウス」を訪ねる

オランダのライデン市、静かな運河沿いに建つシーボルトハウスは、2005年に建設された博物館です。ここはシーボルトが実際に住み、「日本博物館」として日本から持ち帰った民族誌学的コレクションの大部分を一般公開した場所です。また、当時ヨーロッパで唯一の日本学の研究所でもあり、西洋と日本を繋ぐ重要な窓口でした。

1階からはじまる常設展示室に足を踏み入れると、まるでタイムマシーンで江戸の日本を旅するような感覚が味わえます。日本でもお目にかかれないような800点もの貴重な展示品のひとつひとつに、江戸時代の日本の自然や人々の生活、そしてシーボルトの日本に対する飽くなき探究心と情熱を感じることが出来ます。

最上階の特別企画展示室では、日本の現代アート展や日本の影響を受けたヨーロッパのアーティストの作品展など様々な企画展が催されています。また、シーボルトハウスは現在もシーボルトの精神を引き継ぎ、博物館としてのみではなく日本情報センター、および日蘭文化交流事業の運営場所としても精力的に活動しています。

シーボルトハウスのホームページはこちら(日本語)。
[PR]
by goeurope | 2009-05-07 18:53 | オランダ

スペイン・アーカイブス

f0184241_2293067.gif

f0184241_2295121.gif
スペイン政府観光局


パラドール最新情報

歴史的建造物を改修したものや、その土地の建築様式を活かした建物を宿泊施設にしたスペインの国営ホテルチェーン、「パラドール」。
1928年、当時の国王アルフォンソ13世がカスティーヤ・イ・レオン州のグレドスに最初のパラドールを建ててから80年、最近オープンした下記2軒をはじめ今ではスペイン全土の93カ所に点在し、世界中の旅人たちから好評を得ています。

★クルス・デ・テハダ(Cruz de Tejada)
カナリア諸島のグラン・カナリア島に今年2月にオープンしたばかりのパラドール クルス・デ・テハダ。島の中央1,560mの高台に位置し、テラスからは火山岩でできたヌブロ奇岩や、海に臨む断崖などの絶景が楽しめます。また、43の客室全てから起伏のある火山景観が見渡せます。
住所: Las Palmas, 35328 Cruz de Tejeda, Las Palmas
Tel: +34 928 0125 00 /Fax: +34 928 01 25 01/E-mail: cruztejeda@parador.es

★アルカラ・デ・エナーレス(Alcala´ de Henares)
マドリッドからわずか20kmという好立地にある世界遺産指定都市アルカラ・デ・エナーレスには、既にパラドールのレストランが開業していましたが、レストランと同じ敷地内に宿泊施設がオープン。
17世紀の旧ドミニコ会修道院学校を改築した建物は128の客室を有しています。
住所: Colegios, 8, 28801 Alcala´ de Henares, Madrid
Tel: +34 918 88 03 30 /Fax: +34 918 88 05 27/E-mail: alcala@parador.es

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1回ランサロテ島 ワインマラソン開催

 カナリア諸島東部に位置するランサロテ島は、独特の火山景観やビーチリゾートとして有名ですが、実は火山性の土壌を活かしたワインの生産地で、一風変わったブドウ畑の風景が見られます。マラソンのコースは島の中心部にあるヘリア地域に広がるブドウ畑を抜けて行きます。給水所では地元ワイナリーから直送されたワインも振舞われます。

【開催日】6月21日(日)10時スタート
※前日16:00〜19:00に事務局にて登録
【スタート地点】ロス・ドローレス礼拝堂
【走行距離】21.1㎞(ハーフマラソン) 制限時間4時間
【参加料】30ユーロ
【問合せ】 Sports Department
Avda Krogager s/n, 35560 Tinajo, Lanzarote
Tel: +34 928 599 995/ Fax: +34 928 599 993
Email events@clublasanta.com
URL:www.clublasanta.com
f0184241_18251464.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-05-07 18:30 | スペイン
f0184241_22185673.gif

f0184241_1633343.jpg
ベルギー・フランダース政府観光局


新緑のフランダースお勧めイベント

 春のフランダースは、ブルゴーニュ公国をテーマにした美術展、中世から続くブルージュの伝統の祭り、ブリュッセルの街を舞台にしたジャズの祭典、アントワープ王立美術アカデミーのファッションショーなど見逃せないイベントが盛りだくさんです。

◆シャルル勇胆公と壮麗なブルゴーニュ公国展
  時期:3月27日(金)-7月21日(日)
  場所:ブルージュ グルーニング美術館

ブルゴーニュ公国の宮廷が置かれたブルージュに中世の栄華がよみがえります。ブルゴーニュ公国の繁栄を築いたシャルル勇胆公と、ブルゴーニュ家が誇る豊かな美術品や装飾品のコレクションに焦点をあてた特別展が開催されます。500年の時を経て初めてスイスを出るブルゴーニュ家の財宝は必見です。

◆聖血の行列
  時期:5月21日(木)
  場所:ブルージュ市内

毎年、キリスト昇天祭の日に行われる伝統の祭り。聖書のエピソードや十字軍の騎士にまつわる衣装をまとった市民たちが町をパレードします。
祭りの詳細はこちら
f0184241_18151037.jpg

◆ジャズマラソン
  時期:5月29日(金)-5月31日(日)
  場所:ブリュッセル市内

400組のアーティストが市内各所の広場、ライブハウス、クラブで生演奏を披露します。3日間で124ものフリーコンサートが開催されるジャズの祭典です。フリーコンサートは、グランプラス、サブロン広場、聖カトリーヌ広場を中心に行われます。ジャズマラソンの公式サイトはこちら
ジャズマラソンの公式サイトはこちら

◆アントワープ王立美術アカデミーファッション科 ファッションショー
  時期:6月11日(木)-6月13日(土)
  場所:アントワープ

アントワープ王立美術アカデミーファッションの学生によるファッションショー。1年生から4年生までが進級と卒業を目指して斬新な作品をキャットウォークで発表します。特に4年生の作品には、世界中のファッション関係者やバイヤーが注目します。チケットは5月1より発売開始。
[PR]
by goeurope | 2009-05-07 18:16 | ベルギー・フランダース
f0184241_22185673.gif

f0184241_1633343.jpg
ベルギー・フランダース政府観光局


フランダース中が熱くなる自転車レースが開幕!

フランダース1周自転車レース、ロンデ ファン フラーンデレン(フランス語で、ツール ド フランドル)は、ベルギー、北フランス、オランダで行われる自転車クラシックレースのなかで一番初めに開催されます。自転車シーズンに本格的な春を告げる自転車レースです。

レースの様子はテレビ中継され、たくさんの人がコースの沿道で応援します。自転車競技はまさにベルギーの国民的スポーツです。ロンデ ファン フラーンデレンはブルージュ〜ニノヴェ間の250kmのコースを1日で走る過酷なレースです。

2009年4月5日に行われたレースには、15,000人の選手が参加しました。去年のレースに続き、ベルギーのスタイン・デフォルデル(Stijn Devolder)選手が優勝しました。

日本の選手もフランダースの自転車レースで活躍しています。プロレーシングチーム宇都宮ブリッツェンの中山選手や、スキル・シマノの別府選手の活躍がブログでも紹介されています。

フランダースの選手では、トム・ボーネン選手が若い女性にも大人気です。2005年と2006年に、2年連続でロンデ ファン フラーンデレン優勝。2005年、2008年にはパリ〜ルーべで優勝した実力の持ち主です。

 アウデナールデには、ロンデ ファン フラーンデレンの博物館があります。歴代のレースの勝者を写真入りで紹介したパネルや、レースシーンの映写室、石畳の道を自転車で走る疑似体験が出来る自転車が展示されています。ショップでは、コレクターに大人気のオリジナルジャージや、プロチームのグッズも販売されています。

ロンデ ファン フラーンデレン博物館
Cetrum Ronde van Vlaanderen
Markt 43, 9700 Oudenaarde
Tel: +32 (0)55 33 99 33
Fax: +32 (0)55 33 99 39
www.rvv.be/

アウデナールデへのアクセス
ブリュッセルからベルギー国鉄アウデナールデ行きに乗り、終点で下車。(所要時期間約50分)
f0184241_18101995.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-05-07 18:12 | ベルギー・フランダース
f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


スロヴェニア・サマーフェスティバル2009
夏は様々なイベントや祭典が満載!


●「ドゥルガ・ゴドゥバ−」(DRUGA GODBA=5月18日〜29日、リュブリャナ)
国際的な民族と音楽のフェスティバル。海外からのアーティストを迎え、さまざまな音楽イベントが開かれます。

●「第50回リュブリャナ・ジャズフェスティバル」(6月末〜7月4日、リュブリャナ)
毎年一流アーティストが名前を連ね、7月4日まで町全体がジャズで満たされます。

●「リュブリャナ・サマーフェスティバル」(7月6日〜9月4日、リュブリャナ)
このフェスティバルは、リュブリャナ市内の数多くの会場でボリショイ劇場、ロンドン交響楽団、シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン・オーケストラ&合唱団など、70以上のイベントが予定されています。
詳細はこちら

●「レント・フェスティバル」(6月末〜7月11日、第二の都市マリボル)
400以上のイベントには毎年50万人が訪れ、ヨーロッパでも最大級のサマーフェスティバルです。約30の会場で開かれるフェスティバルには、クラッシクコンサート、ジャズ、ポップ&エスニック音楽コンサート、シンガーソングライターやシャンソンの夕べ、演劇、ダンス、コンサート、人形劇、子供のための工作教室、スポーツイベントなどが組み込まれています。今年もレント・フェスティバルの一環として、国際民族舞踊フェスティバルフォークアート、ジャズレント、ストリートシアター・フェスティバルが開かれます。
詳細はこちら
f0184241_1683326.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-05-07 16:12 | スロヴェニア
f0184241_2225695.gif

f0184241_22252478.gif
ハンガリー政府観光局


ハンガリー夏の音楽イベント情報、各地で多彩なプログラム

初夏から真夏にかけてはハンガリー各地で音楽祭が開かれます。2009年プログラムで選りすぐりの音楽イベントをピックアップしました。

●バルトーク+ウイーン国際オペラ祭(ミシュコルツ)=6月10〜21日まで。
http://www.operafesztival.hu/

●ブダペスト夏の祭典(ブダペスト)=6月11日〜8月30日
http://www.szabadter.hu

●ヴェスプレーム 夏の祭典(ヴェスプレーム)=6月22〜26日まで
http://www.veszpremfest.hu

●ショプロンVolt(ショプロン)=7月1〜4日
http://www.sziget.hu/volt

●ブダフェスト夏の音楽祭(ブダペスト)=7月2日〜8月18日
http://www.viparts.hu

●セゲド野外劇場(セゲド)=7月3日〜8月22日
http://www.szegediszabadteri.hu

●バラトンサウンド(バラトン湖 ザマルディ)=7月9〜12日
http://www.sziget.hu/balatonsound

●シゲト(ブダペスト)=8月12〜17日
http://www.sziget.hu
[PR]
by goeurope | 2009-05-07 16:07 | ハンガリー
f0184241_20264647.gif

f0184241_20271046.gif
クロアチア政府観光局


ハート型の島が観光客に人気、愛の島「ガレシュニャク島」

ハート型から愛を連想し愛について語るのはバレンタインデーのお決まりですが、クロアチアのザダル県にある「ガレシュニャク島」は、世界で最も完全なハート型に近い形をしている島として、観光客の注目を集めています。

この島が完全なハート型をしているのは、インターネットで見られる衛星写真からも明らか。米国のメディアなどでは“愛の島”として取り上げられています。

“愛の島”はザダルとパシュマナ島の中間あたりに位置し、島の周囲は約1.5km。面積は約132平方メートルで、最も標高が高い場所は34メートルとなっています。

昔から漁師たちが漁のために利用してきた島で、時化の時などには避難場所としても使われてきました。現在は個人の所有で無人島ですが、島内ではトレッキングなどを楽しむことができます。

ザダル県観光局の観光情報はこちら

f0184241_1557292.jpg
ハート型をした「ガレシュニャク島」
[PR]
by goeurope | 2009-05-07 15:58 | クロアチア

イタリア・アーカイブス

f0184241_20432064.gif

f0184241_20434331.gif
イタリア政府観光局


映画でイタリア!2009年日本で公開されるイタリアが舞台の映画

「ローマの休日」「旅情」「ニューシネマ・パラダイス」「グラン・ブルー」「イル・ポスティーノ」など、イタリアを舞台とした映画は今も世界中の人々から愛されていますが、これからイタリアを旅する人にとっても、イタリアの歴史や様子を知ることのできる絶好の機会になります。

今年は日本映画で初のオールイタリアロケの映画が夏に登場するなど、話題も豊富。今後日本で上演が予定されているイタリア映画、およびイタリアを舞台にした主な映画をご紹介します。

【イタリア映画祭2009】(4月30日〜5月5日/東京有楽町朝日ホールにて)
今年で第9回目を迎える同映画祭は、日本で未公開の最新イタリア映画12本が上映されます。イタリアの政治、社会状況、音楽、家族などをテーマとした興味ある作品が目白押しです。

サルデーニャ、トスカーナ、ミラノ、ボローニャ、シチリア、ナポリ近郊など、イタリア各地が映画の舞台となっています。ゴールデンウィークは東京でイタリアを体験してみてはいかがでしょうか。上映作品の詳細や日程などはこちらhttp://www.asahi.com/event/it09/をご覧下さい。

【アマルフィ:女神の報酬】(7月18日より日本全国でロードショー)
フジテレビ開局50周年記念作品として、オールイタリアロケ、全編イタリアが舞台という初の日本映画が、この夏いよいよ公開されます。タイトルはその名も「アマルフィ」(副題:女神の報酬)。織田裕二さん、天海祐希さん、佐藤浩市さん、戸田恵梨香さん、サラ・ブライトマンさんなどの豪華出演者によるイタリアを舞台にしたサスペンス超大作です。

映画のロケ地ローマ、アマルフィ海岸の街々、カゼルタ王宮はどれもユネスコ世界遺産で、日本人観光客にも人気のエリア。アマルフィ海岸のアマルフィ、ラヴェッロ、ポジターノの美しい町の風景、ローマのサンタンジェロ城や共和国広場、華麗なるカゼルタ王宮など、イタリアの魅力を映画でたっぷり味わって下さい。紹介ホームページはこちら

【湖のほとりで】(7月東京・銀座テアトルシネマにて公開後、日本各地にて公開)
静かな雰囲気のなか展開するミステリー人間ドラマ。ロケ地はフリウリ、ヴェネツィア、ジュリア州のフジーネ湖やウーディネほか。本作品と下記「副王家の一族」「カラヴァッジョ」は、2008年イタリア映画祭でも紹介されました。配給会社ホームページはこちら

【副王家の一族】(11月末東京・文化村ル・シネマにて公開後、日本各地にて公開)
19世紀イタリア統一運動期のシチリア・カターニアを舞台に、スペイン副王の末裔貴族ウゼダ家の父・息子の葛藤を描いた、豪華絢爛なイタリア版大河ドラマ。愛憎、情熱、政治、理想、迷信が入り乱れて描かれる見ごたえある歴史・人間ドラマ。

【天使と悪魔】(5月15日全世界同時公開)
ヴァティカン市国が主な舞台のダン・ブラウン原作のアメリカ映画。2010年2月には映画「カラヴァッジョ」も日本で公開される予定です(2010年は画家カラヴァッジョの生誕400周年)。詳しくはこちら
[PR]
by goeurope | 2009-05-07 15:55 | イタリア

イタリア・アーカイブス

f0184241_20432064.gif

f0184241_20434331.gif
イタリア政府観光局


キリスト復活を祝う「パスクワ」がイタリア各地で開催

キリストの復活を祝う復活祭(イタリア語でパスクワ)は、2009年は4月12日にあたります。復活祭に先立つ一週間は聖週間(イタリア語でセッティマーナ・サンタ)と呼ばれ、最後の晩餐の後、キリストが十字架にかけられ処刑された受難の日々として、重要な宗教行事がイタリア各地で行われます。シチリア島では、数々の民族色の濃い復活祭の催しが各地で開催されます。

◆スコッピオ・デル・カッロ(LO SCOPPIO DEL CARRO)/フィレンツェ:復活祭の日曜日(4月12日)
火の車を意味するこの行事は、中世以来開催されているキリストの受難と復活を象徴する伝統的なもの。1096年にフィレンツェの騎士パッツィ家のパッツォが、十字軍遠征で手柄を立てて授与されたキリスト墓所の“岩のかけら”を、フィレンツェの教会に献上しました。その“かけら”からできた聖なる火の儀式や行進、爆竹が鳴る山車など華やかな行事が、ドゥオーモ広場で繰り広げられます。

◆アルゲーロの聖週間(LA SEMANA SANTA AD ALGHERO)/アルゲーロ(サルデーニャ島):聖週間(4月7-12日)
アルゲーロの聖週間は、16世紀スペインの伝統儀式の影響があります。黒い服をきた女性達が嘆きの母の神像を追う行進、大聖堂での追悼の礼拝、そしてデスクラヴァメントの儀式がドラマチックに行われます。

◆ミステーリの行列(PROCESSIONI E RITI DELLA TRADIZIONE PASQUALE SICILIANA)/トラーパニ:4月12日
復活祭に先立つ聖金曜日の14時から土曜日にかけて、ほぼ24時間続くイタリアの古い宗教行事の中でも特に長いもの。キリスト処刑までの場面を再現する20の神輿に乗せられた、いくつものミステーリが人々の肩に担がれ、ゆっくりと町の通りを行進していきます。

f0184241_15114194.jpg
トラーパニの「ミステーリの行列」
[PR]
by goeurope | 2009-05-07 15:50 | イタリア
f0184241_20183312.gif

f0184241_20185247.gif
アイルランド政府観光庁


アラン諸島へはアイランド・フェリーズで

アイルランド西部、ゴールウェイ湾の真ん中に浮かぶアラン諸島は、古き良きケルトの生活様式が色濃く残っています。島民は日常的にアイルランド語を話し、ケルトや古代キリスト教の遺跡が島中に点在しています。

アイランド・フェリーズ(Island Ferries Teo.)は、ゴールウェイからのアクセスも良いコネマラの港町ロッサヴィールから、アラン諸島へのフェリーを通年運行しています。

観光の主要ポイントとなるイニシュモア島までの運行時間は約45分。アラン諸島までの快適な船の旅をお楽しみください。詳細はこちら(英語)。

f0184241_15483516.jpg
イニシュモア島の断崖絶壁
[PR]
by goeurope | 2009-05-07 15:49 | アイルランド