ANTOR-JAPANの欧州最新記事とアーカイブです。


by goeurope

<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

アーカイブス

f0184241_2114299.gif

f0184241_212345.gif
オーストリア政府観光局


オーストリアの冬の伝統 クリスマス

ウィーン Wien
●ウィーン市庁舎前広場のクリスマス市
www.christkindlmarkt.at
市庁舎前広場にメルヘンの王国が広がります。木々は、巨大なボンボンや輝くハートのイルミネーションで装いを凝らします。中央にはクリスマス市の屋台が並び、ハンドメイドのクリスマス飾り、クリッペの人形、スパイスの花束、ガラス細工、陶器、テキスタイル、皮革製品、アクセサリー、木製玩具、手工芸品などが売られます。レープクーヘンからポンチ酒まで、オーストリアの味も楽しめます。
*2009年11月14日〜12月23日10時〜21時半、金・土10時〜22時、12月24日10時〜18時

●シェーンブルン宮殿前のクリスマス市
www.weihnachtsmarkt.co.at
世界遺産シェーンブルン宮殿前庭で行われます。宮殿の観光と一緒にどうぞ。

*2009年11月21日〜12月23日10時〜21時、 12月24日10時〜16時、12月25・26日10時〜18時

●ベルヴェデーレ宮殿のクリスマス市
www.weihnachtsdorf.at
ヨーロッパの最も美しいバロック宮殿でクリムトの有名な絵画「接吻」を鑑賞してから、夢のような美しいクリスマス市をお楽しみください。
*2009年11月20日〜12月23日11時〜21時

●シュピッテルベルク地区のクリスマス市
www.spittelberg.at
*2009年11月14日〜12月23日14時〜21時 土・日・祭10時〜21時

●カールスプラッツ広場の手工芸市
www.divinaart.at
*2009年11月20日〜12月23日12時〜20時

●旧ウィーン大学総合病院構内(Altes AKH) クリスマス市
www.weihnachtsdorf.at
アルザーシュトラーセにあるウィーン大学のキャンパスで開かれる市。ウィーンのクリスマス市めぐりにお寄りください。
*2009年11月14日〜12月23日14時〜22時、日・祭11〜22時

●フライウングのオールドスタイルのクリスマス市
www.altwiener-markt.at
ウィーン旧市街のフライウングで今年も伝統あるクリスマス市が開かれます。
*2009年11月20日〜12月23日10時半〜21時

●マリア・テレジア広場のクリスマス市
www.weihnachtsdorf.at
美術史博物館と自然史博物館の間の美しい公園でのクリスマス市。ウィーンらしいクリスマスの雰囲気が楽しめます。
*2009年11月18日〜12月23日10時〜22時、12月24日11時〜15時

●自然史博物館屋上ガイドツアー
www.nhm-wien.ac.at
自然史博物館の屋上からウィーンのクリスマス夜景を楽しむことができます。
水曜 17時、18時半, 日曜 14時、15時(英語)、16時

ザルツブルク Salzburg
●ドーム広場とレジデンツ広場のクリスマス市
www.christkindlmarkt.co.at
ザルツブルク伝統のクリスマス市。手工芸品からクリスマス用品の屋台をはじめ、ソーセージやビール、イベントなどが楽しめます。
*2009年11月19日〜12月23日 月〜木10時〜20時半、金10時〜21時、土・祭日9時〜21時、日9時〜20時半、12月24日9時〜15時 12月25.26日11時〜18時 期間中、大聖堂の前で毎日17時〜17時半 降誕節の歌(土・日曜は15時からもあり)12月6日クランプス行列等の各種イベントあり。

●ミラベル広場のクリスマス市
www.weihnachtsmarkt-salzburg.at
美しく飾られた伝統的山小屋風屋台、おいしいソーセージやパン、音楽。
*2009年11月19日〜12月23日10時〜20時、木9時〜20時、土・祭日は10時〜21時、日10時〜20時半まで、12月24日10時〜15時
期間中、ミラベル宮殿前にて、水・土・日 17時15分より吹奏楽コンサート等。

●ホーエンザルツブルク城のクリスマス市
www.salzburg-burgen.com
丘にそびえる城砦の雰囲気ある中庭に郷土の手工芸品、クリスマスプレゼントが売られます。もちろんクリスマスのお菓子や飲み物もご賞味ください。
*2009年11月28日〜12月20日の土・日と祭日(12/8)10時〜18時

●シュテルンガルテン(グリースガッセ&ゲトライデガッセ)のクリスマス市
ザルツブルクの目抜き通りを挟む“星の庭“(シュテルンガルテン)市。ここは地元の芸術家、職人たちのミーティングポイント。オリジナルのアイディア一杯の手工芸品に出会えます。
*2009年11月21日〜12月23日11時〜19時 (土・祭日は10時〜19時)

●ヘルブルン宮殿のクリスマス市
www.adventzauber.tv
本来、冬は閉まっている少し郊外のヘルブルン宮殿。この時期ばかりはクリスマス市とイベントに人々は訪れます。
*2009年11月19日〜12月23日、水・木・金13時~20時、土・日・祭日は10時〜20時、12月24日10時〜14時

●アドヴェントコーラス/祝祭大劇場
*2009年11月27・28・29日、12月4・5・6・11・12・13日  金19時半から、土15時半と19時半から、日14時と17時から(ただし6日は17時のみ、13日は14時のみ、12月8日は14時から)

●その他市内のいろいろな会場でアドヴェントコンサート
オーストリア観光パンフレットの配布・送付サービス

ご旅行の時期と、訪問先を明記の上、送料として390円分の郵便切手を同封してお申し込みください。390円を超える場合は後日請求させていただくこともあります。

*資料請求先:
〒106-0045 東京都港区麻布十番1-7-3
オーストリア政府観光局

●取り扱い資料
日本語パンフレット
*オーストリア全体のご案内
*ウィーン パンフレット
*ウィーン市街地図(博物館ガイド付)
*ザルツブルク パンフレット
*ザルツブルク市街地図
*インスブルック パンフレット
*インスブルック市街地図
*グラーツ パンフレット(地図付)
*チロル
*オーストリアアルプスの魅力
*ハイキングガイド
英・独語のパンフレット
−各都市・町の宿泊リスト(ほしい都市名をご指定ください)
 ウィーン、ザルツブルクのイベント表(ご希望の月をお知らせください)
[PR]
by goeurope | 2009-12-04 17:20 | オーストリア

アーカイブス

f0184241_2293067.gif

f0184241_2295121.gif
スペイン政府観光局


バルセロナ・エルプラット空港
新ターミナル発着航空会社追加


バルセロナ・プラット空港の新ターミナルT-1に発着する航空会社が更に追加されました。主な航空会社は下記のとおりです。日本を発着するヨーロッパ系航空会社は総てT-1に集結となります。

また、追加される全航空会社のリストはスペイン航空局ウェブサイトhttp://www.aena.es(英語・西語)にてご覧下さい。

UX AIR EUROPA
DL DELTA AIRLINE
AF AIRFRANCE
CO CONTINENTAL AIRLINES
KL KLM
SU AEROFLOT
[PR]
by goeurope | 2009-12-04 17:11 | スペイン

アーカイブス

f0184241_2225695.gif

f0184241_22252478.gif
ハンガリー政府観光局


2010年を「フェスティバル・イヤー」に
ハンガリーで多彩なイベントを開催


2010年を「フェスティバル・イヤー」と位置づけ、以下のように様々なイベントを開催して行きます。

ペーチ2010欧州文化首都年イベント
●ペーチ・スプリングフェスティバル
 開催日:3月15日-4月9日
 主会場:ベーチ

●フリンジ2010フェスティバル
 開催日:4月2日-4日
 主会場:ベーチ

●プロムナードフェスティバル
 開催日:6月12日-21日
 主会場:ベーチ

●木管楽器競技会
 開催日:7月1日-14日
 主会場:ベーチ

●ペーチ国際大人の人形劇祭り
 開催日:8月23日-28日
 主会場:ベーチ

●ペーチ国際ダンスの集い
 開催日:9月20日-25日
 主会場:ベーチ

●バルカン世界音楽祭
 開催日:11月11日-13日
 主会場:ベーチ

定番音楽イベント
●ブダペスト・スプリングフェスティバル
 開催日:3月19日-4月5日
 主会場:ブダペスト

●ブダペスト・サマーフェスティバル
 開催日:6月10日-8月31日
 主会場:ブダペスト

若人向け音楽イベント
●VOLTフェスティバル
 開催日:6月29日-7月4日
 主会場:ショプロン

●バラトンサウンド
 開催日:7月15日-18日
 主会場:ザマールディ

●シゲトフェスティバル
 開催日:8月
 主会場:ブダペスト

グルメイベント
●ウインターフェスティバル
 開催日:2月19日-21日
 主会場:ミシュコルツ

●赤ワイン「牡牛の血」祭り
 開催日:7月9日-11日
 主会場:エゲル
[PR]
by goeurope | 2009-12-04 17:09 | ハンガリー

アーカイブス

f0184241_2225695.gif

f0184241_22252478.gif
ハンガリー政府観光局


ブダペストの新アトラクション
水陸両用バスによるリバーライドが運行開始


欧州初の水陸両用バスによるブダペスト市内観光ツアー「リバーライド」(RiverRide)が今年9月18日から運行を開始しました。

リバーライド社の運行する新しい市内観光ツアーは、従来別々であった市内バス観光とドナウ川クルーズの両方を乗り換えなしで一度に体験できるもので、国際的な品質安全認証を受けた水陸両用バスを使用しています。

コースはくさり橋のペスト詰めにあるルーズベルト広場を出発し、国会議事堂、アンドラーシ通り、英雄広場などの陸上コースを巡った後にドナウ川に入り、くさり橋、エリザベート橋を巡り、基点へ戻る約2時間のコースです。

料金は大人7500HUF、子供(6-14歳)5000HUFで、運行スケジュールは次の通りです。

【4月〜10月】
▼9:00
▼11:00
▼14:00
▼16:00
▼19:00
【11月〜3月】
▼10:00
▼12:00
▼15:00
▼17:00

予約やコースの詳細はこちら(英語)から。
f0184241_18511323.jpg
欧州で唯一の観光用水陸両用バス

[PR]
by goeurope | 2009-12-01 20:51 | ハンガリー

アーカイブス

f0184241_20264647.gif

f0184241_20271046.gif
クロアチア政府観光局


大晦日とお正月をフジネで迎えましょう

ゴルスキ・コタルにあるフジネでは、その名所の数々以外にも既に10年目となる革新的でクロアチア中に知れ渡った行事があります。大晦日と新年をセンターの広場、つまり屋外でゆく年を見送るというものです。

この観光行事に対する反響は予想以上で、訪問客は毎年増えてきています。去年は約3000人がクロアチア中から集まりました。そして今年も、正午丁度に大晦日の乾杯と花火で年を締めくくり、新年を迎えます。

運営会の地元の人達によって、毎年恒例となっているホットワインとゴラニのおいしいソーセージが振舞われます。

フジネではそんな他では例を見ない大晦日の過ごし方以外にも、観光客にとって興味深いものを提供しています。

フジネは1874年に初めて専用の電車でスシャク、リエカ、そして近くの沿岸周辺の集落からの組織的なツアーが行われた場所、つまり長い伝統のある観光地なのです。

それ以前の1737年にもフジネが開拓されたカロリナ道路には、キャラバン(隊商)の為の宿や休憩所があった為、フジネはクヴァルネル地方、クロアチア、そして中央ヨーロッパにおいても最古の観光地のひとつと見られています。

観光地であるフジネで最も人々を惹き付けているのは湖で、エクスカーションやレクリエーション目当てに、又は釣りや自然の愛好家も訪れています。

フジネを訪れる人々の目的は、大半がその湖なのです。居住地域であるその場所は年間の降水量がクロアチアで最も多く、その膨大な水量を保管してうまく利用する為に、3つの人造湖が作られました。

最古の池は1950年代のバイェル湖で、フジネ隣にあるリチャンカ川のその昔は美しい谷であった場所に作られました。ボート、カヌー、カヤック、又は風がよく吹きつけることからサーフィンにも適したこの池の周りには、魅力的な散歩道もあります。

最大の人造湖はレペニツァで、1988年に作られたものです。これはバイェルよりもはるかに大きく泳ぎやすい池なので、夏はとても気持ちのよい場所となります。

最も新しく、最も小さな池はポトコシュで、フジネとリチュの間にあるビトラユ山の傾斜の麓に位置します。エクスカーションに行くのにも魅力的ですが、ピクニックには最適です。

フジネの山々の風景には3つの池以外にも、ヴレロ洞窟が見られます。同名の場所に位置する洞窟はフジネ−リエカ間の道路とバイェル湖の散歩道に沿ってあり、アクセスしやすい場所です。

バイェル湖を作るときに偶然発見された洞窟で、およそ350万年から400万年前に形成されたと見られています。長さは300mほどですが、非常に美しく多くの装飾で彩られています。

この洞窟の特別な価値は“水”にありますが、それは50m下の素晴らしい山の水源、湖、断崖絶壁など、その洞窟をより魅力的にしているものだけではありません。リチャンカ川の集水流域で形成される冷たく透き通った山の川があり、雨の量が多い季節には洞窟の中が洪水になります。

ヴレロ洞窟は、その美しさから“小さなポストイナ”と称されています。洞窟は訪問客の為に整備されており、照明や橋が取り付けられた歩道なども修復されました。地面は緩やかな構造の為階段もなく、観光用に整備された洞窟としては子供から老人まで、更には車椅子の方も入れるヨーロッパで唯一のものです。ヴレロ洞窟に訪れるお客様は年間1万人以上です。

フジネはその料理でも有名な場所です。すてきなレストランでは、キノコ、野生動物、森の実りなどを使い、オリジナルのレシピ通りに作る地元の自家製料理をたくさん提供しています。

フジネは交通面でも便利です。この地域はクヴァルネル湾と接していて、海岸線のリエカやツリクヴェニツァ−ヴィノドルのリヴィエラまでも30km、クルク島までは22kmです。

この場所はザグレブ−リエカ間の新しい高速道路からも近く、その道路までもアクセスしやすいですが、電車で訪れることもできます。

※フジネ自治体観光局のホームページはこちらから。
f0184241_20485253.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-12-01 20:49 | クロアチア

アーカイブス

f0184241_20264647.gif

f0184241_20271046.gif
クロアチア政府観光局


サライ家の素晴らしいクリスマス・ストーリー

本来のクリスマスの祝日の雰囲気を味わうのであれば、チャズマ隣にあるグラボヴニツァのサライ家の農園をお勧めします。家やその周りのデコレーションが大衆を惹き付け、2004年と2005年に連続で“クロアチアが好きです−緑の花”キャンペーンで最もきれいに整備された農地として表彰されています。

祝日の前後には、その農園がおよそ十万個の多色のランプで輝き、全ての訪問客に豪華な光の雰囲気と、のどかな田園風景を感じさせます。夜のクリスマスの家畜小屋や、キリスト生誕の像、そして多色のクリスマス・ランプや装飾が施された庭全体のデコレーションは、本来のクロアチアのクリスマス・ストーリーという忘れ難い思い出を提供してくれます。

この家族が1月に支払う電気代は数万クーナにまでなりますが、クリスマスの為に膨大な数のランプの光や装飾に包まれた農園を見て心奪われ、少しの間でも幸せな気分になれるお客様がいるということに満足しているため、全く気にしていません。

経費の一部は入場料で補っており、町や州、そして町、州、国、それぞれの観光局からの援助も受けています。入場料は大人が15クーナで、お子様は無料となります。

子供に対する愛情から、今年は12月14日から正式にランプと農園のイベントが始まる19日まで、子供たちの為だけに開放します。

去年のグラボヴニツァのクリスマスの“おとぎ話”は、150kmのケーブルに付いた70万個のランプが花火と共に照らし出しました。準備は2ヶ月前から始まりますが、家や木々、そして全ての草むらに至るまでの飾り付けは6人で行われました。今年は100万個以上のランプで農園が輝きます。

農園の所有者であるズラトゥコ・サライ氏が始めて樅木に飾り付けをしたのは20年前のことですが、それからはクリスマスが来る度に装飾される木が増えていきました。今年は800本の木々にデコレーションを施します。

きらきら輝くランプや豪華なクリスマスの雰囲気に対する彼の愛情や情熱は、2003年にチャズマ周辺の観光ブランドとなった“チャズマのクリスマス・ストーリー”プロジェクトへと実を結んだのです。

※サライ家の詳細はこちらをご覧下さい。
f0184241_20465035.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-12-01 20:47 | クロアチア

アーカイブス

f0184241_19515071.gif

f0184241_19523319.gif
スイス政府観光局


幻のフルカ山岳蒸気鉄道が
オーバーヴァルト駅まで開通


1930年からサン・モリッツとツェルマットという2大山岳リゾートを結ぶアルプス横断ルートとして人気を博した「グレッシャー・エクスプレス(Glacier Express)」。かつては“氷河(グレッシャー)”という名前の由来でもある、ローヌ氷河の眼前を通るフルカ峠越えルートを走行していましたが、1982年から新たに開通したフルカトンネルを通るルートに変更され、その旧路線は廃線となりました。

しかし、この絶景路線をあきらめられない鉄道ファンは多く、翌年にはすぐボランティアによる活動がスタート。路線を修復し、電化しないで、かつての蒸気機関車を購入・整備し、「フルカ山岳蒸気鉄道(DFB)」として幻の路線を復活させました。

2000年にレアルプとグレッチ間が開通して以来、この区間で毎年夏季の運行を続けてきましたが、2008年に切望されていたオーバーヴァルト駅までの路線延長工事が無事終了し、2010年シーズン(※夏季のみ)からは、レアルプ駅〜オーバーヴァルト駅間の運行がスタートします。

マッターホルン・ゴッタルド鉄道のレアルプ駅、またはオーバーヴァルト駅のどちらからも利用できることで、今まで以上にこの特別列車の旅が組み合わせやすくなります。年末には、2010年の運行スケジュールがホームページ上で発表される予定です。
※冬季(10月上旬〜6月下旬)は運休

フルカ山岳鉄道についての詳細はこちらをご覧ください。
f0184241_19413682.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-12-01 19:43 | スイス

アーカイブス

f0184241_11565578.gif

f0184241_11573746.gif
スロヴェニア観光局


2カ国にまたがる
初の国際スキーリゾートが誕生!


スロヴェニアで最も標高の高い場所にあるスキーリゾートのカニン(Kanin)が、イタリアのスキーリゾートのセラ・ネヴェア(Sella Nevea)と業務提携し、この地域で初の国際スキー場となるカニン(Kanin)が誕生しました。

この2つのスキーリゾートは新設のケーブルカーと滑走路で結ばれ、一大スキーゾーンとしてスケールアップ。共通のスキーパスで全ての施設を使用することができます。

これにより、スロヴェニア側の標高2300mのゲレンデからイタリア側の1100mの谷間まで滑り降りていくことが可能となり、また、入念に管理された総面積約70ヘクタール(全長30kmのスキーコースを含む)のゲレンデとこの標高の高さが生み出す好条件により、晩春までスキーを楽しむことができます。

スキー場内には合計12基のケーブルカー、2基のゴンドラリフト、4基のチェアリフトと5基のドラッグリストがあり、さらに2つの離れたスキーリゾートを結ぶ新しい空中トラムウェイの運行も近く開始される予定です。

新たに登場するトラムウェイ(キャビン2台、収容人数最大100名)は、288mの高度差を4分34秒で進み、毎時1300人の輸送能力を有しています。

ボヴェッツ(Bovec、海抜436m)の町からスキーセンターの中心部(海抜2200m)へは、スロヴェニアで最も長いゴンドラリフトが運行しています。また、ボヴェッツの町には宿泊設備が豊富に揃っています。

スキー場詳細はこちら(英語・スロヴェニア語のみ)。
f0184241_19382887.jpg

[PR]
by goeurope | 2009-12-01 19:39 | スロヴェニア

アーカイブス

f0184241_21213811.gif

f0184241_21221011.gif
オランダ政府観光局


古き良きオランダの冬の風景を楽しむ
画家アーフェルカンプ作品展が開催中


2010年2月15日まで、アムステルダム国立博物館では17世紀のオランダの冬の情景を描いたヘンドリック・アーフェルカンプ(1585〜1634)の作品展「The Little Ice Age」が開催されています。同美術館所蔵作品のほか、ノルウェー(ベルゲン)、アメリカ(ボストン)、イギリス(ロンドン)からも作品が出展されます。

アーフェルカンプは、17世紀のオランダを代表する風景画家。オランダの冬景色を色彩豊かに描写しているのが特徴です。

当時オランダの冬は厳しく、運河や干潟が一面凍ってしまうことがしばしばありました。こうした凍った運河上でにぎやかに遊びに興じている人々を描いたのがアーフェルカンプ。スケートを楽しむカップル、立派な身なりの紳士達、コルフ(ゴルフの原型といわれる球技)をする人、馬でそりをひく人、雪合戦をする子供達など、人々が屋外で楽しむ情景が細やかに描かれています。

アーフェルカンプの作品は、オランダの陽気で開放的な古き良き冬の風景へと見る人を誘います。

▼アムステルダムの国立博物館(日本語の解説ページ)はこちら
▼アーフェルカンプの作品紹介(英語、展示作品の画像など)はこちら
f0184241_19281575.jpg
17世紀のオランダを描いた作品

[PR]
by goeurope | 2009-12-01 19:36 | オランダ

アーカイブス

f0184241_19515071.gif

f0184241_19523319.gif
スイス政府観光局


世界遺産の「ランドヴァッサー橋」
初めての修復工事が11月中旬に終了予定


2008年7月に新しい世界文化遺産として登録されたレーティッシュ鉄道のアルブラ線。100年以上前にアルプスの自然を壊すことなく敷設された驚異の鉄道技術、そして鉄道とともに守られてきた山里の暮らしや美しい眺望は、世界中から訪れる多くの人々を魅了しています。そのハイライトともいわれる「ランドヴァッサー橋(Landwasser Viadukt)」は、現在、お色直しの工事中です。

1901年3月から1902年10月、2つの険しい岩壁の間にアルプスの自然石を組み、わずか約20ヶ月で完成された高さ65m、長さ142m(136m)の美しい石橋は、まさに鉄道建築の傑作といわれています。天候の厳しい山岳地で100年以上も風雪に耐えていた橋の、竣工以来、実に106年ぶりの修復工事に取り組んでいます。

世界遺産に認定されたばかりの路線で「グレッシャー・エクスプレス」「ベルニナ・エクスプレス」という人気の絶景ルートでもあるので、1日60本の列車が通過する運行状況はそのままに、夜間作業を組み合わせつつ、今年の3月から11月まで約9ヶ月かけての大工事。その間、赤い布がかけられた状態なので、本来の橋の姿は楽しめませんが、10月中旬までに足場と橋を覆っていた赤い幕は撤去され、11月中旬頃には修復工事が終了する予定です。

スイスが誇る鉄道遺産を未来に受け継いでいくための、世紀の大工事の様子は、毎日ライブカメラの画像で配信されています。

橋工事についてはこちらをご覧ください。

f0184241_19185533.jpg
建設当時のランドヴァッサー橋

[PR]
by goeurope | 2009-12-01 19:20 | スイス