人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ANTOR-JAPANの欧州最新記事とアーカイブです。


by goeurope

ポーランド・アーカイブス

ポーランド・アーカイブス_f0184241_1561888.gif

ポーランド・アーカイブス_f0184241_15391685.gif
ポーランド政府観光局


世界遺産「ヴロツワフ百年記念会館」、鉄筋コンクリート建築の祖

ヴロツワフにある「百年記念会館」は、鉄筋コンクリート建築史における画期的な建造物です。数千人規模の収容能力を持つ多目的施設として、現在でも盛んに展示会やコンサート、スポーツイベントが開催されています。2006年に世界遺産登録されたばかりの、“ポーランドで一番若い世界文化遺産”です。

百年記念会館は、1911〜1913年にブレスラウ市の建築家だったマクス・ベルクの設計によるものです。ブレスラウは、当時ドイツ領であったヴロツワフのドイツ名。「百年記念」という名前の由来は、ナポレオン率いるフランス軍に勝利を収めた1813年の「ライプツィヒの戦い」から100年を記念して建てられたことにあります。

永らくポーランドでは「人民ホール(Hala Ludowa)」の名称で呼んできましたが、世界遺産登録にあたり本来の「百年記念会館」に戻されました。このホールは当初、展覧会場として造られ、現在も多目的娯楽施設として機能しています。

百年記念会館の構造は非常にダイナミックです。天上を覆う円形ドームは直径が67メートル、高さは43メートルで、円蓋の頂きの部分は鉄鋼材とガラスで出来た明かり取りの天窓になっています。

建物全体は、そのドームを中心に正十字に翼を拡げた四葉型となっており、建物の窓は外国産の堅木で作られ、音響効果を高めるために壁は木材やコルクを混ぜたコンクリートの遮音層で覆われています。

百年記念会館は、近代工学と建築学の草分け的な事業であり、これは20世紀の初頭に様々な技術の大きな交流があったことを表しています。その後の鉄筋コンクリート建築の発展にも大きく寄与したとして、2006年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。
ポーランド・アーカイブス_f0184241_19132696.jpg
【ヴロツワフ百年記念会館】
▼公式ホームページ:http://www.centennialhall.eu
▼アクセス:ヴロツワフ中央駅から市バス145、または146を利用、"HALA STULECIA"下車
▼開館時間:8:00〜19:00
▼入場料:大人10ズロチ、小人・学生5ズロチ、7歳未満の子どもは無料
by goeurope | 2009-06-04 19:13 | ポーランド