人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ANTOR-JAPANの欧州最新記事とアーカイブです。


by goeurope

ベルギー・フランダース・アーカイブス

ベルギー・フランダース・アーカイブス_f0184241_22185673.gif

ベルギー・フランダース・アーカイブス_f0184241_1633343.jpg
ベルギー・フランダース政府観光局


7年に一度の「戴冠式の祭り」が7月にトングレンで開催

7年に一度行われる「戴冠式の祭り」が、今年7月5、7、10、12日にトングレンで開催されます。祭りの歴史は14世紀に遡り、当初は7月2日、聖母マリアがエリザベトを訪問したとされる日の後の水曜日から始まり、16日間続く祭りでした。

祭りは、日中行われる行列と夜のスペクタクルの2部構成で、4日間行われます。市民4000人余りが参加し、2002年には70万人が訪れました。

行列は聖母マリア像をのせた山車を中心に巡行し、聖母マリアとキリストの生涯、聖書の場面などが再現されます。夜もすっかり更けた頃、聖歌の合唱が始まり、聖母マリアの生涯をテーマにしたスペクタクルが始まります。

ベルギー最古の町トングレンは、低地地方で最初にキリスト教化された町でした。そのため、アルプス以北のキリスト教の聖地として、中世には多くの巡礼者が訪れました。

今年5月31日には「ガロ・ロマン博物館」が一部リニューアルオープンし、さらに今年12月には全館リニューアルオープンする予定です。祭りに合わせ、“キリスト教への道”と題した特別展も開催されます。

トングレンはベネルクス最大のアンティーク市(骨董市)が開催されることでも有名。ボクレイク公園と組み合わせて、ブリュッセルからの日帰りも可能です。

「戴冠式の祭り」に関するスケジュールなどは、ベルギー・フランダース政府観光局の日本語ホームページでも案内しています。
詳しくはこちらをご覧ください。
ベルギー・フランダース・アーカイブス_f0184241_1559585.jpg

by goeurope | 2009-07-06 15:59 | ベルギー・フランダース