スイス・アーカイブス

f0184241_19515071.gif

f0184241_19523319.gif
スイス政府観光局


スイスの山岳鉄道が新たに世界遺産に登録!
レーティッシュ鉄道アルブラ線/ベルニナ線


スイスのヒンターライン地方トゥージスから、エンガディン地方のサン・モリッツを結ぶアルブラ線(※)と、サン・モリッツからイタリアのティラーノまでを結ぶベルニナ線。グラウビュンデン州を走るスイス最大の私鉄会社レーティッシュ鉄道レーティッシュ・バーン(RhB)が誇る約100年の歴史と伝統の鉄道路線と周辺に広がる風景が、2008年7月7日に新しい世界文化遺産に認定されました。

f0184241_2012612.jpg
アルプスの雄大な大自然を壊すことなく切り開いた驚きの鉄道技術、そして、その鉄道と見事に共存しつつ現代に残された美しい景観は、最も感動的な鉄道区間として、今も昔も多くの観光客に親しまれています。人気の絶景ルート“ベルニナ・エクスプレス”の路線で“グレッシャー・エクスプレス(氷河特急)”の一部区間でもあります。

※世界遺産エリアには接続路線のサメーダン=ポントレジーナ間も含まれています。

■アルブラ線(Albula Line)<トゥージス〜サン・モリッツ>
1898年に着工し、1904年に開通したアルブラ線。作業員の前に次々と立ちはだかったアルプスの難所を、数々の石橋やトンネル、カーブをつくりあげることで、ひとつひとつ克服していきました。高さ65メートルの印象的なランドヴァッサー橋や、ベルギューンからのプレダまでの約400メートルの高度差を調整する5つのループトンネル、ライン川とドナウ川の分水嶺でもあるアルブラ峠を越える長さ5866メートルのアルブラトンネルなど、まさに鉄道技術の傑作といわれています。まるでアトラクションのような鉄道に乗って、美しい自然の中に素朴な村々が点在するアルブラ谷の情景を車窓から存分にお楽しみください。

■ベルニナ線(Bernina Line)<サン・モリッツ〜ティラーノ>
1910年に開通したベルニナ鉄道(現・レーティッシュ鉄道ベルニナ線)は、歯車を使ったラック式鉄道ではなく、一般的なレールを使った鉄道でアルプス最高地点を走る鉄道として、すぐにその技術が大きな話題となり、後に敷設されるさまざまな鉄道計画のモデルになったといわれています。万年雪を冠った4000メートル級のベルニナ山群の名峰や氷河が輝くアルプスの世界から、葡萄畑や栗林に囲まれた素朴な谷を越え、イタリアまでの縦断ルート。2253メートルから429メートルまで高低差を結ぶ絶景の連続です。

詳しくはこちらをご覧ください。
[PR]
# by goeurope | 2008-10-09 20:01 | スイス

スイス・アーカイブス

f0184241_19515071.gif

f0184241_19523319.gif
スイス政府観光局


天王洲アイルに「スイスカフェ」がオープン
10月31日までの期間限定企画、鉄道旅行がテーマ


今年10月1日から31日までの1ヶ月間、トラベルカフェ天王洲アイル・シーフォートスクエア店が「スイスカフェ(SWISS CAFE)」として営業します。店内は“列車・バス・船でめぐる絶景ルート”をテーマに、美しいスイスの写真や山岳鉄道の模型展示、絶景ルートを細かく紹介した小冊子『スイス絶景ルートの旅』や地図などを配布するなど、店内が全てスイス一色となります。
また、店舗内に設置された3台の50インチ大型プラズマディスプレイでは、世界遺産に登録されたばかりの人気ルート「ベルニナ・エクスプレス」の映像もお楽しみいただけます。
カフェの営業は平日が7時30分〜23時まで、土曜日が8時〜23時、日曜日が9時〜21時。1ヶ月間限定企画なので、お見逃しなく!

※場所などの詳細はホームページをご覧ください。
[PR]
# by goeurope | 2008-10-09 19:49 | スイス

スペイン・アーカイブス

f0184241_2293067.gif

f0184241_2295121.gif
スペイン政府観光局


季刊誌「大人の旅bravi」で2大観光ルートの大特集

f0184241_19471378.jpg
スペイン南部セビーヤからスペイン北部沿岸のヒホンまでを結ぶ“銀の道”、そして近年人気のサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの“サンティアゴ巡礼の路”。季刊誌「大人の旅Bravi」の2008年秋号Vol.8 では、計45ページにわたって、この2つの観光ルートの特集を掲載します。街の見どころから、土地の名物料理、お薦めホテルまで、情報がたくさん詰まっています。雑誌のお求めはお近くの書店まで。

詳しくは「銀の道」情報から。
[PR]
# by goeurope | 2008-10-09 19:47 | スペイン

スペイン・アーカイブス

f0184241_2293067.gif

f0184241_2295121.gif
スペイン政府観光局


サラゴサで「ピラール祭り」が10月4日から開催
期間中は半日大会や特産品市などイベントも多数


スペイン北東部、マドリッドとバルセロナの中間地点にあるサラゴサの町。今年は水をテーマにした「サラゴサ国際博覧会」も開催され、スペインで最も注目されている町の一つです。そのサラゴサで毎年10月12日前後の1週間にわたり開催されるのが、サラゴサ最大の祭り「ピラール祭」。カーネーションなどの花々で華やかに彩られる聖母ピラール像が、この祭り一番の見どころです。

「ピラール」とはスペイン語で「柱」を意味します。祭り名はローマ時代(西暦40年)に当地で布教していた聖ヤコブの目の前の柱に、聖母マリアが現れたという言い伝えに由来します。この奇跡を記念して建立された大聖堂には「聖母ピラール像」が奉られ、サラゴサのみならずスペイン全土の守護聖母として崇められています。

ピラール祭では数多くのイベントが行われます。なかでもこの祭りの一番の見どころは、聖母ピラールへの「献花式」です。ピラール広場に設けられた仮設祭壇には聖母ピラール像が安置され、そこに約20万もの人々が花を手向けるという色鮮やかな儀式です。

このほかにも、聖母に果物を授ける「献果式」や、ガラス製のランタンなどを手に行進する「ガラスの宗教行列」などがあります。とくに子供達の人気を集めているのが、中世から伝わる街中に現れる「巨人」(ヒガンテ)と「頭でっかち」(カベスードス)です。時に見物客に近づいてくるその愉快な「頭でっかち」の姿に、子供達の視線は釘付けになります。

これらの伝統的なメインイベントのほかに、花火大会やアラゴン州特産品市をはじめ、音楽ホールでのクラシック音楽コンサートなど、祭りと平行してたくさんのイベントが繰り広げられます。なかでも、アラゴン地方の民族舞踊「ホタ」のコンクールは人気の的です。また、このピラ−ル祭をもってスペインの闘牛のシーズンは閉幕し、いよいよ本格的な冬の訪れを迎えます。

▼期日:2008年10月4日〜13日
▼場所:サラゴサ市内 ピラール広場など各所
▼アクセス:マドリッドまたはバルセロナから高速鉄道AVEで1時間半〜2時間。
▼ピラール祭公式サイト
f0184241_1944355.jpg
ピラール祭の花火大会
献花式の聖母ピラール像
[PR]
# by goeurope | 2008-10-09 19:44 | スペイン

フランス・アーカイブス

f0184241_2213535.gif

f0184241_2215326.gif
フランス政府観光局


パリのグラン・パレで大規模な「ピカソ展」開催
10のテーマで作品を紹介、2009年2月2日まで


RMN(フランス国立美術館連合)、国立ピカソ美術館、ルーブル美術館の提携で、10月からパリのグラン・パレにおいて、パブロ・ピカソの作品に影響を与えた芸術家についての大規模な展覧会が開催されます。

ピカソは若いとき、プラド美術館や、パリに来たときには足繁く通ったルーブル美術館で、所蔵作品を熱心に研究しました。今回の展覧会は、近代以前から近代まで一貫する特定のテーマや主題をもとに絵画史を読み解きながら、ピカソの作品に対する理解を深めようというものです。

展示は、画家自身のアプローチに従って以下の10のテーマに分かれて行われます。
−芸術アカデミー、古代芸術
−スペインとフランスの風俗画
−パリ1900年
−オブジェ
−ドイツの版画
−ヴァリエーション
−「哲学的乱痴気騒ぎ」
−大作裸体画
−座った女性像、肖像画
−雄牛、男性の肖像画

同時に、ルーブル美術館とオルセー美術館で、それぞれドラクロワの「アルジェの女たち」とモネの「草上の昼食」を中心に、ピカソの2つの作品群をまとめて展示します。

▼開催期間:2008年10月6日〜2009年2月2日
▼会場:グラン・パレ(パリ)
▼開館時間:火曜日を除く毎日午前10時〜午後8時(ただし水曜日は午後10時まで)
▼入館料:10ユーロ、割引料金8ユーロ
ホームページ(仏語のみ)

f0184241_1937767.jpg
(© Succession Picasso, 2008)
[PR]
# by goeurope | 2008-10-09 19:40 | フランス

オーストリア・最新記事

f0184241_2114299.gif

f0184241_212345.gif
オーストリア政府観光局


シェーンブルン宮殿 馬車博物館で開催中の
皇妃エリザベートの展覧会が開催期間を延長


シェーンブルン宮殿の馬車博物館で開催されている皇妃エリザベートの展覧会が好評につき、2009年の12月31日まで延長されることになりました。この展覧会では国民に愛されたエリザベートの結婚から悲しい死までの人生を、皇妃が愛用していた様々な専用馬車や、オリジナルの思い出の服などを通して思いを馳せることができます。

f0184241_1932636.jpg
展示品には、エリザベートが皇帝に嫁ぐ際に使用した馬車、子供たちの目を見張るほど美しい馬車、エリザベートがハンガリーで戴冠式に臨むために使用した金色の皇帝家専用馬車、またジュネーブで暗殺される直前まで使用していた馬車などがあります。

展示品の最後には、エリザベートの葬式の際に彼女の棺を載せた霊柩馬車があります。またエリザベートの馬車のほか、彼女のポートレートや絵画、世界中にも類を見ないエリザベート本人が集めた個人的なコレクションなどが共に展示されています。さらには、エリザベートが趣味の乗馬を最も楽しんでいた頃に使用されていた鞍も愛馬のポートレートと共に展示されています。

ぜひともこの機会に宮殿内にある馬車博物館で、ハプスブルク家の豪華な馬車をご覧ください。

■シェーンブルン宮殿 馬車博物館 開館時間
・11月から3月まで:10時〜16時
・4月〜10月まで:9時から18時まで

詳しくはこちら
[PR]
# by goeurope | 2008-10-09 19:32 | オーストリア
f0184241_2114299.gif

f0184241_212345.gif
オーストリア政府観光局


ウィーンで大自然体験 − ワイン・ハイキング
大都市とは思えない自然の豊かさを体験


ウィーンは百万以上の人口を数える大都市の中でも、市域内で大規模なワイン生産の行われている世界唯一の都市です。斜面に広がる美しいブドウ畑を行くワインハイキングで、美しい風景を楽しみ、リラックスしましょう。もちろん行程の途中では、ワインを試飲したり、ウィーン市街のパノラマを楽しんだり、充実したひとときとなります。

大都市として唯一、ウィーン市域には700ヘクタール以上のブドウ畑があり、320人のワイン生産者がブドウ園を経営しています。カーレンベルク、ヌスベルク、ビザムベルク、マウアーなどは、ドナウ川の恩恵を受け、ブドウ造りに最適な気候風土となっているのです。ウィーン・ワイン・ハイキングルートは、ノイシュティフト・アム・ヴァルデからヌスドルフへ向かいます。その間にはシーヴェリンク、コベンツル・ブドウ園、グリンツィンクがあります。

f0184241_19274019.jpg
いずれもウィーン伝統のワイン地帯であり、多くのホイリゲがオープンしています。行程の一部にだけ参加したいという方々は、これら中継点から合流することも可能です。
長距離のハイキングに慣れない方は、余裕のあるルートで参加しましょう。ルートの途中には、幾つかのワイン試飲地点があり、高級ワインを味わいつつ、見事な風景を見渡すことができます。

ワイン・ハイキングルートのどの地点の風景が一番美しいかについては、様々な意見が出されることでしょう。なぜなら、ウィーン19区の古いブドウ畑を通る約10キロのコースには、市街とドナウ川を見渡す眺望地点が多いからです。中でも3つの地点からは、とりわけ美しいパノラマが広がります。ベレヴューシュトラーセ、ムッケンタール・バイ・デン・フィア・カスタニエン、アイヒェルホーフシュトラーセです。

秋のブドウ収穫の時期には、ワイン・ハイキングとは別に、ワインをテーマとする抽選会もあります。「ウィーン、ワイン&デザイン」では1000本の高級ワインと、ウィーンのデザイナーによる100点のデザイン製品が景品となります。しかもウィーン観光案内所では、その場で当たる1万点の景品もあります。
抽選会への参加クーポン付きパンフレットは、観光案内所と市内のホテルに備えられています。

ウィーン・ワイン・ハイキングルートの詳細はホームページで紹介しています。
[PR]
# by goeurope | 2008-10-09 19:28 | オーストリア

ベルギー・アーカイブス

f0184241_22185673.gif

f0184241_16113513.jpg
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


ベルギー観光局ワロン・ブリュッセルから
新たなパンフレットを2種類発行しました!


このたびベルギー観光局ワロン・ブリュッセルより、「ワロン・ブリュッセルガイド」と「ベルギー・フランス・ルクセンブルグ」の2種類のパンフレットを新たに発行いたしました。

f0184241_205238.jpg
◆「ベルギー ワロン・ブリュッセルガイドブック」(A5版8ページ)
首都ブリュッセルと南部ワロン地方の見どころ、グルメ、ライフスタイルを紹介したパンフレット。ブリュッセルでは来年オープンするマグリット美術館をはじめ、アートやアンティーク市の楽しみを、ワロン地方は町や村の魅力や伝統的なお祭りを紹介。また“美食の国ベルギー”ならではのグルメの情報も満載です。

◆「ベルギー・フランス・ルクセンブルク/3ヶ国を巡る旅 〜かわいい幸せをさがしに行こう〜」(A4版8ページ)
ベルギー・フランス・ルクセンブルクの3カ国をまわる旅を提案したパンフレット。グルメやアート、ワインにビールと、楽しみがいっぱいの3ヶ国の魅力を紹介。モデルコースも掲載しています。

資料の請求はこちら
[PR]
# by goeurope | 2008-10-08 20:50 | ベルギー・ワロン・ブリュッセル

イタリア・アーカイブス

f0184241_20432064.gif

f0184241_20434331.gif
イタリア政府観光局


イタリア秋のイベント・フェスティバル情報

◆ヴェネツィア映画祭
(ヴェネツィア・リド島、2008年8月27日〜9月28日)
カンヌ、ベルリンとならび世界で最も有名で権威のあるヴェネツィア国際映画祭は、その歴史も世界最古で今年第65回目を迎えます。本年度はコンペティション部門に、北野武監督「アキレスと亀」、宮崎駿監督「崖の上のポニョ」、押井守監督「スカイ・クロラ」の邦画3本が参加することで、日本人にとっても気になるところです。
http://www.labiennale.org/it/cinema/mostra

f0184241_23145685.jpg
◆国際彫刻インスタレーション展
(ヴェネツィア・リド島、2008年8月30日〜10月14日)
ヴェネツィア映画祭と時期を合わせて、ヴェネツィア・リド島の野外スペースで開催されるアート、インスタレーション、パフォーマンス展。見学者はアート感覚あふれる異次元空間を体験することでしょう。
http://www.artecommunications.com

◆ヴェネト・ジャズ・フェスティバル
(ヴェネト州内各地にて、9月17日まで)
今年で第30回を迎える「ヴェネト・ジャズ フェスティバル」。毎年夏・冬の2シーズンにヴェネト州各地の30箇所でジャズコンサートが開かれるほか、ワークショップなど国際レベルのイベントが開催されます。今年は新たに「ヴェネツィア・ジャズ・フェスティバル」も7月末から8月にフェニーチェ劇場などを会場に開催されました。現在開催中のヴェネト・ジャズ・サマー・フェスティバルは9月17日まで。コンサート予定はホームページをご覧ください。
http://www.venetojazz.com/pages/calendario.jsp

◆ミラノ・トリノ国際音楽祭
(ミラノ、トリノで、2008年9月1〜25日)
第2回開催を迎える「ミラノ・トリノ国際音楽祭」。両都市を中心に、周辺の小さな町々を会場として200ものプログラムが予定されており、その半数以上は無料で参加できます。最古のレクイエムから、バロック、民族音楽など、音楽のジャンルは古典から現代まで様々です。
http://www.mitosettembremusica.it

◆トリノの歴史展
(トリノ、2008年10月12日まで)
イタリア統一150周年を2011年に控え、統一イタリア最初の首都であったトリノでは、『TO11』と題する歴史展が開かれています。展覧会では、トリノ市のここ30年の市民の生活スタイル、住環境、交通網の変化など、都市の進化を物語る展覧会となっています。
http://www.urbancenter.to.it

◆ベルカント・フェスティバル
(ローマ:音楽公園オーディトリアムにて、2008年9月12〜29日)
交響楽団サンタ・チェチリア国立アカデミーによる、オペラ楽曲をフューチャーした特別プログラム。ベッリーニのノルマ、デヴィーアや3人のテナーによるベルカントコンサートなどが予定されています。
http://www.santacecilia.it

◆パルマの生ハムフェスティバル
(パルマの近郊各地にて、2008年8月30日〜9月21日)
パルマ近郊の丘陵地で生産されるパルマ産生ハムは、イタリアの味覚を代表する食材の一つ。ご当地パルマで開催されるフェスティバルのイベント『開かれた窓(Finestre aperte)』は、賛同するパルマの生ハム業者が、ガイド付き工場見学や無料試食会を催す企画です。ランギラーノ村(Langhirano)にあるハム・サラミ博物館(Museo del prosciutto e dei salumi di Parma)も訪問すれば、パルマならでの食文化の奥深さを知る良い機会となるでしょう。
http://www.festivaldelprosciuttodiparma.com
[PR]
# by goeurope | 2008-09-11 23:30 | イタリア

イタリア・アーカイブス

f0184241_20432064.gif

f0184241_20434331.gif
イタリア政府観光局


今年はオペラ作曲家プッチーニの生誕150周年

今年で生誕150周年を迎えるオペラ作曲家ジャコモ・プッチーニ(Giacomo Puccini)の祝賀イベントが、トスカーナ州を中心にプッチーニゆかりの地で開催されています。

まず、トスカーナのトッレ・デル・ラーゴ・プッチーニ(Torre del Lago Puccini)のマッサチュッコリ湖畔の新野外劇場では、新しく劇場1階に開設されたオーディトリアムで「映画でのプッチーニ」展が9月30日まで開かれています。展覧会では、映画の中で使われたプッチーニの音楽を映像と音、ポスターなどを紹介しています。

会場にはプッチーニのオペラが使われた「眺めのいい部屋」、「月の輝く夜に」をはじめとする多くのポスターが展示され、さらに、会場に設置されているパソコンでは、プッチーニのオペラからその音楽が使われていた映画を検索でき、その場面がモニターで閲覧できるようになっています。日本では未公開の作品も多く、プッチーニファン、映画ファンには嬉しい発見の多い楽しい展覧会です。

トッレ・デル・ラーゴ・プッチーニでは、オペラ以外の時期でも、プッチーニの墓もある博物館『ヴィッラ・プッチーニVilla Puccini』を見学したり、プッチーニが愛したマッサチュッコリ湖のミニ・クルーズを楽しんだりすることができます。
・開館時間:月〜日曜の毎日17時〜23時、入場無料

・ホームページ:http://www.puccini2008.it 

また、プッチーニの生誕地ルッカでは、『プッチーニとルッカ展 〜我が故郷の甘い郷愁に浸れば〜』が開かれています。会場はルッカにあるパラッツォ・グイニージで、期間は12月22日まで。

プッチーニはルッカの音楽家の家に生まれましたが、彼が5歳の時に父が亡くなり、22歳でミラノに行くまでルッカの音楽院で学びました。生家近くの教会でオルガン演奏の仕事をするなど、ルッカはプッチーニの町といっても過言ではありません。この大回顧展では、そのプッチーニとルッカの町の強いつながりを展示しています。

f0184241_22455935.jpgまた、ルッカ市内には、生家博物館、プッチーニ像、プッチーニが通ったカフェ、プッチーニが学んだ音楽院、プッチーニがオルガン演奏の仕事をしたサン・ミケーレ・イン・フォロ教会、ジリオ劇場などもあり、展覧会と一緒に、ぜひ巨匠ゆかりの場所を訪ねてみましょう。

・開館時間:9月30日までは毎日10時〜19時、10月1日〜12月22日は月曜休み。火〜金は15時〜19時、土日は10時〜13時と15時〜19時
入場料:6ユーロ
[PR]
# by goeurope | 2008-09-11 21:47 | イタリア